2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
25年ぶりに広尾へ
所用があって広尾へやってきました。

日比谷線の広尾駅で下車。
この地下鉄も今は東京メトロといいますが、自分にとっては当時の営団地下鉄という名称のほうがしっくりきます。
お爺ちゃんお婆ちゃんがJRよりも国鉄のほうが言いやすい、というのと同じなのかな。

有栖川宮記念公園内の階段を上っていくと都立中央図書館があります。
高校を卒業して、四谷の予備校で授業を受けた後、同じクラスの浪人仲間でここへやってきて勉強をしていたのが25年ほど前。
日本史を勉強していて機械的な暗記学習に飽きてきた時に、理解しにくい時代背景等を図書館で調べると気分転換にもなり、すとんと理解も深まって一石二鳥、そんな話をしていたのも青春時代の一コマです。
19151915159
19151921159
19151920159

この特徴的な木の形も25年前のまま。
この辺りにはニワトリが20~30羽ほどいて、陽が落ちてくると、幹が水面と平行になっているところ(写真中央)に2~3羽とまっている光景が見えたのですが、ニワトリの姿は1羽も見当たらず。
19151927159

多くの外国人がやって来る有栖川宮記念公園のすぐそばにあるスーパー。
この辺りには各国の大使館が点在していることもあり、歩いていると外国人居住者とよくすれ違います。
19151928159

広尾から渋谷へ。
桂花ラーメンでターロー麺を頂きます。
19151933159
19151935159

麻布で美味しいたい焼きを食べたかったのですが、それはまたの機会にお預けです。
大吟醸 おわら娘
酒名:おわら娘
酒蔵:玉旭酒造有限会社
原料:富山県産山田錦100%
精米歩合:50%
地域:富山県富山市
種類:大吟醸
価格:1,900円(720ml)
18841884884

「当酒蔵は1808年(文化年間)創業で、約二百年の歴史を持つ老舗です。越中八尾で毎年9月に催される“おわら風の盆”とともに歩んでまいりました。大量生産せず、直接お客様に手渡しできるような酒造りを心がけ、これまで多くの方にご愛飲賜っております。
質の良い常願寺川水系の水と米を用い、淡麗辛口で飲みやすい銘柄「おわら娘」。八尾の人々に愛されるおわらにちなんだ「風の盆恋唄」など、数々の清酒を製造しております。」
(玉旭酒造ホームページより)

端麗辛口らしくすっきりしていて美味しかったです。
富山駅で購入した「富山の地酒5本セット」の中の一本ですが、これが一番好みかな。
奥さんも同意見とのこと。
銀嶺立山 吟醸
酒名:銀嶺立山 吟醸
酒蔵:立山酒造
原料:山田錦
精米歩合:53%
地域:富山県
種類:吟醸
価格:1,400円(720ml)
18841936884

久しぶりに銀嶺立山を楽しみました。
富山駅で「富山の地酒5本セット」に入っていた一本です。
富山では有名なお酒ですね。
St. Maddalena ゲヴュルツトラミネール
ワイン名称:St. Maddalena Gewurztraminer
ワイナリー:Cantina Bolzano
種類:ゲヴュルツトラミネール
年:2015
地域:イタリア/トレンティーノ/アルト・アディジェ
価格:2,400円
4429442969
4430442969

アルト・アディジェという場所はイタリア屈指の白ワイン産地だそうです。
肥後橋にあるイタリアン「サンタルチア」で頂いた一本。
このレストランのシェフはかつて「料理の鉄人」で陳健一と戦ったそうです。
トロピカルな感じでとても美味しい白ワインでした。
ヒメネス・スピノラ エクセプショナル・ハーヴェスト
ワイン名称:Ximenez-Spinola Exceptional Harvest
ワイナリー:Bodegas Ximenez-Spinola S.L.(ボデガス・ヒメネス・スピノラ)
種類:ペドロ・ヒメネス
年:2013
地域:スペイン
価格:3,600円
133565
133865

スペインの独特な白ワインを購入。
この濃い色が珍しいですね。
しっかりとした風味で自然な甘さが口の中に残ります。
スウィートワインが好きな奥さんも「これは美味しい!」と。
5年生の長男が機関車トーマスの木の線路をいじっている姿を見ると、まだまだ子供でかわいいな、と抱きしめたくなります。