カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
クリスマスマーケットとホットワイン
プラハ城を訪れた翌日、仲間と旧市街で食事をした後、クリスマスマーケットを見学しました。

ヨーロッパらしい感じてとてもきれいでしたが寒い寒い。
その分ホットワインが最高でした。
2187171228
2193171228
2194171228
22022202220211

チェコ人と話していると
「スーパーでボトルで売ってるから家でも楽しめるよ」
ということでした。
それもいいと思いますが、こういう雰囲気の中で温まりながら飲むのが一番美味しそう。
白ワインバージョンも飲んでみたいです。

一年で最も日照時間が短いこの時期、ヘルシンキでは午後3時45分でこの暗さ。
夏は10時くらいまで明るいといいますが。
2231171228

昨年冬の話はこれでおしまい。
プラハ城
引き続き、昨年冬の話です。
旧市街とカレル橋を見学した翌日はプラハ城へ。

宿泊先のホテルからプラハ城までは徒歩で約15分。
プラハ城は9世紀半ばに建築が始まって、14世紀のカレル4世の治世に現在の偉容がほぼ整えられました。

プラハ城の見どころナンバー1は聖ヴィード大聖堂でしょう。
この大聖堂は14世紀に、現在見られるような建物に改装する工事が始められ、最終的に完成したのは20世紀に入ってからとのこと。
2385180315
2409180315

聖堂内に入ると荘厳的な雰囲気に包まれます。
2410180315
2425180315

19世紀末から20世紀初頭にかけて作られた壮大なステンドグラスがいくつも見られました。
こちらはチェコが誇る画家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)の作品。
2411180315

約2トンの銀を使って造られた聖ヤン・ネボムツキー像
2422180315

地下にはカレル4世をはじめ、ヴァーツラフ4世、ルドルフ2世など、代々の王様の墓が納められています。

聖ヴィード大聖堂の隣には聖イジー教会が建っています。
ロマネスク様式の建物で、920年に完成した現存する城内最古の教会です。
現在の姿は1142年に再建されたもの。
2426180315
2427180315

1597年にできた小路は黄金小路(錬金術師たちが住むようになったから)と呼ばれていて、城に仕える召使などが住んでいました。
現在はみやげ物屋になっていて、2階では中世の武具などを展示しています。
2437180315
2433180315

チェコの作家、フランツ・カフカのために彼の妹が用意した仕事場がここです。
カフカは1916年の11月から翌5月まで、旧市街の下宿からここに通って仕事をしていたとのこと。
2436180315

ロジュンベルク宮殿は1545年にロジュベンク家によって建てられたルネッサンス様式の宮殿です。
2454180315

礼拝堂とフレスコ画
2451180315

プラハ城の裏門あたりから望む市街地の景観
2446180315

これから散歩がてら何回も来ることになるでしょう。
旧市街広場周辺からカレル橋へ
昨年の冬にプラハを訪れた際、週末を利用して街を散策しました。

ホテルのすぐ隣にあるディビカー駅(Dejvicka駅)から地下鉄A線で市街地へ向かいます。
1941171228

4駅目のムステク駅(Mustek駅)で下車。
1945171228

ここを起点に北側が旧市街(Stare Mesto)、南側が新市街(Nove Mesto)となります。
マップとコンパスを手に旧市街を散策してみましょう。

まずは旧市街地から。
市民会館(右手)と火薬塔(左手)
1955171228

市民会館には「プラハの春」国際音楽祭の会場となるスメタナ・ホールが入っているとのこと。
内部にはチェコ出身の画家、アルフォンス・ムハ(ミュシャともいう)らによる華麗な装飾が施されているようで、ムハを勉強してから、またの機会に拝見してみたいです。

火薬塔はこのくすんだ黒色が印象的。
1963171228

1475年にゴシック様式で建てられたもので、18世紀に戦災で大きな被害を受け、現在の塔は19世紀に復元されたもの。
旧市街を守っていた城壁の門の一つで、17世紀に火薬倉庫として使われていたため、この呼び名になったそうです。
このあたりの歴史的背景は少しづつ学んでいかなければいけませんね。
15世紀には何から街を守ろうとしていたのか、18世紀には誰が街を攻めてきたのか、ヨーロッパ史全体を理解する必要がありそうです。

旧市街広場(Staromestske nam)へ向かって路地を歩いて行きます。
旧市街がStare Mesto、旧市街広場がStaromestske nam。
ということはチェコ語でnamというのが広場という意味ですかね。

旧市街広場に到着。
右手に見える2本の塔が天に延びているのはティーン教会です。
1983171228

火薬塔もそうでしたが、こういう形状の建物をゴシック様式というようです。
今の姿は1365年に改装されたもので、その前身は1135年に建てられて、その当時は外国商人の宿泊施設だったとのこと。
ティーンというのは税関という意味で、協会の裏側に税関があったので、こう名付けられたそうです。

ティーン教会と広場の対角にあるのが聖ムクラーシュ教会です。
18世紀の初頭に完成。
1975171228

内部は聖書を題材とする天井画やバロック様式の彫刻で満たされています。
内装の重厚感、たまたま行われていた合唱の美しい音色にヨーロッパを感じました。
1977171228

旧市街広場の名所、旧市庁舎塔に登り全景を眺めたかったのですが、改修工事中とのことで断念。
こちらは旧市庁舎塔の天文時計。
1969171228

毎時ちょうどに、天使の両脇の窓が開き、キリストの12使徒が現れます。
キリスト教やヨーロッパ史の勉強が必要と痛感。

旧市街広場から西側、プラハ城方面に向かいます。
1985171228

ヴルタヴァ(Vltava)川からプラハ城を望みます。
対岸に向かって架かっているのが有名なカレル橋。
1984171228

ヴルタヴァ(Vltava)川は日本語で言うとモルダウ川で、スメタナの名曲「モルダウ」の舞台はここなんですね。
チェコに、プラハに来るまでスメタナがチェコ人で、モルダウがプラハ市街地を流れる大河だということを知りませんでした。

ヴルタヴァ(Vltava)川の湖畔、カレル橋のすぐ横にあるスメタナ博物館を見学。
スメタナは1863年から1869年までここに住んでいた、とのこと。

こちらはスメタナが実際に演奏していたピアノです。
1986171228

スメタナ博物館をあとにしてカウル橋へ。
カレル橋は14世紀から15世紀、カレル4世の時代に造られました。
カレル4世という王様はプラハでは確実の押さえておかなければならない重要人物です。
プラハの街の基礎をつくったのはカレル4世とか。
なお、チェコ語のカレルはスペイン語ではカルロス、英語ではチャールズという由緒ある名前だったんですね。

30もの聖人が立ち並ぶカレル橋からプラハ城を望みます。
1991171228
1992171228

後から知りましたが、日本史で出てくるフランシスコ・ザビエルの像もあるそうです。
1913年の作品で、布教活動を行っていた東洋の人々にかつがれているとのこと。

長さ516mのカレル橋を渡り終えてこの日の行動は終了。
地下鉄でホテルへ戻りました。
母の日
奥さんが母の日のプレゼントをもらい、とても喜んでいました。
長男が自分のお小遣いで買ったそうです。
0423180513

6年生になって色々と気が利くようになってきました。
少しづつ大人に近づいていくんですね。
新生活をはじめました
プラハでの新生活がスタート。

到着初日は時差ボケで何回も目が覚めましたが、おかげでタイミングよく美しい日の出を望むことができました。
180500001

近所のスーパーで調達して自炊した初めての自宅ディナー。
自炊といっても包丁もフライパンも使ってないけど。
オリーブオイル、バルサミコ酢に塩コショウ、これらがあれば、とりあえずはどんな食材を買っても何とでもなります。
0018180428
ワイン名:Di Lenardo Pinot Grigio Monovitigno(モノヴィティーニョ)
ワイナリー:Di Lenard S.S. Gonars
種類:Pinot Grigio
年:2016
地域:イタリア/フリウリ(Friuli)
価格:290チェココルナx5.2円=約1,500円

仕事中心の生活は変わりませんが、せっかくヨーロッパに来ましたので、その歴史・文化・芸術に大いに触れていきたいと思います。