カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
The Hermitage ~Home of President Andrew Jackson~
20ドル札の人物、第7代アメリカ大統領のアンドリュー・ジャクソンが“ザ・ハミテージ(隠れ家)”と命名した邸宅がナッシュビル空港の東側にあります。建物ができた1820年前後には、44名の黒人奴隷を使い4㎞2の綿花プランテーション(農場)を営んでいたとのこと。

The Hermitage
Home of President Andrew Jackson
4580 Rachel’s Lane
Nashville , TN 37076
http://www.thehermitage.com/visit/

20ドル札に描かれたアンドリュー・ジャクソン
ad00001

アンドリュー・ジャクソンは1767年にノースカロライナ州シャーロット付近の丸木小屋で生まれ、13歳で独立戦争に従軍して捕虜になり、家族も全員失います。
その後20歳でテネシーに移住、1796年にテネシー州発足とともに上院議員になり、さらに州兵を率いて戦った第二次米英戦争の功績で大統領に選ばれました。
テネシーの人たちは郷土出身の大統領だと考えていて、当時の邸宅“ザ・ハミテージ”近くにある小学校は“アンドリュー・ジャクソン小学校”と名付けられています。
また、I-24とI-65をつなぐ幹線道路254号線は、アンドリュー・ジャクソンのニックネームから“オールド・ヒッコリー通り”と名付けられています。

アンドリュー・ジャクソンについてウィキペディアより下記に引用します。

アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson, 1767年3月15日 - 1845年6月8日)は、第7代アメリカ合衆国大統領。ジャクソンは貴族生まれでない最初の大統領。「オールド・ヒッコリー」の愛称で呼ばれた。「アメリカン・フロンティア」に暮らし、独立13州に関係しなかった最初の大統領。ジャクソンはアメリカ史の象徴となった。
米英戦争の活躍をきっかけに大統領になり、任期中の強権ぶりから「アンドリュー1世」とも揶揄された程であった。アメリカ独立戦争と南北戦争の間、その時代は「エイジ・オブ・ジャクソン」「ジャクソン・エラ」としばしば呼ばれた。
史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領であり、またアメリカ大統領史上初の暗殺の標的になった(未遂)。

<生い立ち>
ジャクソンは1767年にカロライナのワクスハウエリアの未開拓森林地域で生まれ育った。13歳の時に彼は急使として大陸会議軍に加わった。彼の肉親はアメリカ独立戦争時に全て死亡し、彼自身は英軍の捕虜となった。戦後ジャクソンは1800年に若き弁護士としてテネシー州に移り住んだ。彼は名門の生まれではなかったため、自分の才覚で経歴を創り上げなければならなかった。すぐに彼は開拓時代の無秩序の中で頭角を現し、州市民軍の大佐となり軍歴を積み重ねることとなった。
1812年の米英戦争でジャクソンは勇敢に戦い功績を挙げた。彼は軍隊で名声を得、森林地帯の戦場で「古いヒッコリーのように頑丈」"tough as old hickory" と呼ばれ、前述の愛称を得た。一方でジャクソンは米英戦争中、イギリス側に味方するインディアン部族のクリーク族を攻撃して大量殺戮し、ついで彼らの持つ広大な土地を強制割譲させている。戦争に於いて1815年1月8日のニューオーリンズの戦いでの彼の指揮は全国的な名声に繋がった。彼はその戦功で大将に昇進した。
1817年には独断でスペイン領フロリダに侵攻、インディアン部族のセミノール族の村々を破壊し虐殺するという事件をおこした。この時はアメリカ政府が彼の行動を擁護し、スペインにフロリダの管理不行届きを指摘。結果フロリダを割譲させている。
戦後、ジャクソンは急速に政治的経歴を積む。彼は上下両院の議員に選出され、最高裁判所に勤務した。1818年に再び軍務に就き、フロリダのアメリカ領を防衛する対スペイン戦役に従軍した。その後彼は同地の知事に任命された。

<大統領職>
1828年アメリカ合衆国大統領選挙は、私生活の暴露など露骨なネガティブ・キャンペーンに終始した選挙となるが、戦争の英雄として支持を集めていたジャクソンが勝利した。ジャクソンは自分自身の政治家としてのアイデンティティを庶民(common man)の味方におき、イメージを形成させた。彼はホワイトハウスの前にチーズを置き民衆に分け与え、ホワイトハウスへの見学ツアーを企画、その大統領就任の祝賀パーティーでは「民衆」のあまりの行動に収拾がつかなくなる一幕もあった。
一方、インディアンや黒人などに対する人種差別主義者であり、「インディアン移住法」を制定しインディアンを遠隔地の保留地(Reservation)に強制隔離した(→チェロキー族の「涙の道」)。また、ジャクソン自身、テネシー州のプランテーションで100人以上の黒人奴隷を所有しこれを酷使していた。
ジャクソンの時代までに白人男子普通選挙制が確立したこともあり、彼の時代は「ジャクソニアン・デモクラシー」とも称される。また、官吏の多くを入れ替えて自らの支持者を官吏とする猟官制(スポイルズ・システム)を導入した。当時においてはこの政策が汚職構造の打破と考えられ、これは慣例化した。
大きな政府を望まないジャクソンは、かつて政府が設けた第二合衆国銀行を、州ごとの独自財政を奪うとともに庶民の利益に沿わないとして、これを敵視し、自らの政治生命をかけて廃止に動く(彼の有名なセリフ “the bank is trying to kill me, but I will kill it”)。ジャクソンは連邦議会認めた第二合衆国銀行の特許更新に対して拒否権を発動。それまで拒否権は、あきらかに違憲の可能性がある時に発動するのが慣例であり、ジャクソンの行動は革新的なものだった。なぜなら最高裁判所でも、連邦議会でも第二合衆国銀行は合憲とされていたからである。議会は反発し、名だたる上院議員が演説をおこなった。しかし、結局拒否権を覆すのに必要な三分の二の票を反ジャクソン派は確保できず、第二連邦銀行は連邦の保証を失い、窮地に追いやられ、その後のジャクソンのさまざまな政策によって破産に追い込まれる。
このことでもわかるようにジャクソンは連邦に対して州の権利を重要視する、南部出身の「州権主義者」だった。彼の時代連邦政府は均衡財政を維持し、負債をださなかった。しかし、サウスカロライナにおいて連邦法を州の権限によって無効にし、州は合衆国から自由に離脱できるとする運動が起こったとき(無効化の危機)、ジャクソンはこの動きを強く牽制。結果サウスカロライナの離反はさけられ、この時の彼の行動は後のエイブラハム・リンカーンの南部諸州の連邦脱退の時の行動に強く影響を与えた。

<インディアンに対する姿勢>
ジャクソンは立身出世のきっかけとなった米英戦争においてインディアンの掃討で活躍していたように、彼の目指す民主主義は白人のためのみのものであった。ジャクソンは強制移住、保留地(Reservation)をはじめとする民族浄化政策を推し進めた。ジャクソンが定めたインディアン強制移住法は、インディアンから強制的に土地を収奪するもので、この法律によってインディアンの多くは大陸西部へと追いやられた。このインディアン強制移住法は違憲であるという判決を下した連邦最高裁判所長官ジョン・マーシャルに対し、ジャクソンは「マーシャルがこの判決を下したのだ。だからマーシャルにこの判決を実行させてみようではないか」と嘯き、平然と強制移住法を施行した。
ジャクソンは、インディアンは白人とは相いれない存在とし、1833年には議会での一般教書演説で、以下のような演説を行った。

インディアン問題に関する私の確信はもはや揺るぎない。インディアン部族がわれわれの定住地に囲まれ、我々の市民と接触し共存するなど不可能だ。
やつらには知性も勤勉さも道義的習慣さえない。やつらには我々が望む方向へ変わろうという向上心すらないのだ。我々優秀な市民に囲まれていながら、なぜ自分たちが劣っているのか知ろうともせず、わきまえようともしないやつらは環境の力の前にやがて消滅しなければならないのは自然の理だ。
これまでのインディアンの運命がそうだったように、インディアンたちが消滅しなければならない事態が避けられない場合、彼らは我々白人の領土の外へ出ていくことが必要だ。その場合、我々が求める新しい関係に沿った政治体制を彼らが受け入れた場合のみ、これは可能となるのだ。
南カリフォルニアの旅
サンディエゴとロスを駆け足で旅してきました。

家族の為に・・・シーワールド、レゴランド、ディズニーランドとショッピングモール
自分の為に・・・ワイナリー

シーワールド
シャチ(思ったより大きくてびっくり!)のショーは見応えがありました。
1160515

レゴランド
レゴで作られたボルボ車。タイヤは本物(実車のタイヤ)です。
1160562

サンディエゴの海岸
1160516

ディズニーランド
1160570

テメキュラ(サンディエゴとロスの間)のワイナリー
1160592

そして最後の晩は、子供を寝かしつけた後、家内と二人で米国生活お疲れ様パーティーを楽しみました。
赴任した年のDom Perignon
1160610

2012年より日本での新生活が始まります。
このブログでは、まだしばらくアメリカ時代の記事をアップしていきます。
YUKONのウォッカとラム
1999年にカナダのユーコン川を旅した際に、記念に、とその名前が印字されていたウォッカとラムを買いました。

11121305

どうもこの系統には苦手意識があり、これまで飲む機会に恵まれませんでした。
そろそろ手放すか、手放さないか、どうしようと悩んでいます。
せめて写真には残しておこう。
Wild Turkey Bourbon
9月の記録です。

ケンタッキー州にあるバーボンメーカー、Wild Turkeyを訪れました。
1150848

ざっくり言うと、スコットランドで作られるウィスキーはスコッチと呼ばれます。原料は麦。これに対してコーンを原料として作られるウィスキーはバーボンと呼ばれます。
ヨーロッパの人々がアメリカに移住してきた時に、アメリカでは手に入らない麦の代用として、コーンを使ってウィスキーを作れないか、と思考錯誤して出来たのがバーボンだと聞いたことがあります。

世界で飲まれているバーボンの大半がケンタッキー州で造られてるとか。有名な数社が点在するエリアをKentucky Bourbon Trailと呼び、Wild Turkeyはその中の一社となっています。

工場見学ツアーに参加しました。
1150844
1150852

ツアーの最後には試飲を楽しむことが出来ます。運転があるので飲めなかったのが残念。。。
1150857
1150858
1150860

こちらのハニーウィスキーを購入。
1150861

ロックで少しずつ楽しんでいます。ウィスキーは苦手なほうでしたが、蜂蜜風味のそれはとても美味しく、嬉しい発見でした。

ところでテネシーが誇るジャックダニエルも原料にコーンを使ったウィスキーですが、それはバーボンとは呼ばれず、テネシー・ウィスキーと呼ばれます。何が違うのか、と言われると勉強不足でよくわからいのですが。
ワシントンDCを旅してきました
2ヶ月ほど前、ワシントンDCを旅してきました。
ナッシュビルからは約1,000km、11時間ドライブが必要ですが、子供二人連れて飛行機を乗り継ぐのも面倒だね、飛行機代とレンタカー代も高いしね、とお父さんが頑張ることになったのです。

唐突ですが、坂本龍馬はワシントンについて、知っていたようです。龍馬の情報源はジョン万次郎。なお、龍真が尊敬してたアメリカ大統領はリンカーンとのこと。

津森陽著『商人龍馬』(日本経済新聞社)より下記を引用します。

龍馬は万次郎にアメリカの政治体制について聞き、腰が抜けるほど驚いた。
国政をつかさどるフラジデン(プレジデント・大統領)という頭領は、日本でいえば将軍である。フラジデンの住むワシントンというのは大坂ほどの大きさの町で、アメリカの東南にあたる。西の海辺のキャラホニ(カリフォルニア)に行くには、横伝いに4ヶ月旅をせねばらならい。船で行くとサウスメリケ(南アメリカ)を回るので7、8ヶ月かかる。
そのような広大な国の将軍であるフラジデンはどのような身分の人であるかと龍馬が聞くと、万次郎は笑って答えた。
「アメリカには王さんとか大名というお人はおらんがです。みんなただの人民ですろう。国を治めるにゃよほど衆にすぐれた賢い人でなくてはならんがです。それで、国中の賢人のうちから人民が入れ札でフラジデンを決めるがです」
フラジデンは4年限りの人気である。よほど賢い人物で8年務めるが、辞めたのちはただの人民に戻るという。フラジデンの息子が後を継ぐということはまったくない。フラジデンをやめてただの人民に戻った人がどこに住んでいるか、何をしているか誰もまったく知らない。日本のように士農工商といった市民の位はないのである。役人もなりたい人がなれる。
(以上引用)

旅の写真をいくつか紹介します。

宿泊したエンバシーホテル近くのペンタゴン・シティー駅。東京や大阪観光と同じく、地下鉄で移動します。
1160077 1160080

なおペンタゴンも訪れましたが、撮影は禁じられていました。これは絵葉書の写真。
1160238

まず最初にホワイトハウスへ向かったのですが、ものすごい交通規制で横断歩道を渡れません。数多くの警官が行き来するのでどうしたのだろう、と思っていると、周りが騒がしくなってきました。
「オバマが通るらしいぞ」
「えっ、ここを!?いつ?」
待つこと15分、オバマ大統領を乗せたキャデラック(写真中、一番左の車)が目の前を通過。後部座席から手を振っているのが見えました。自分も手を振り返します。
今後の世界経済について大統領と打ち合わせがしたかったのですが、それはかなわず。。。
1160093

なお、オバマ大統領はマーチン・ルーサー・キングJr.の記念式典に向かったそうです。
上の写真の数時間後の写真(翌日の新聞です)がこちら。
1160190

そして写真に写ってる白いモニュメントはこちら。
1160215

ホワイトハウスの前で。
自分は大統領になれませんが、息子二人はアメリカ生まれですので大統領になる資格を持っています。頑張れ!
1160105

町のどこからでも見えるワシントン記念塔。
同塔は、ホワイトハウス、リンカーン記念館、ジェファーソン記念館、アメリカ合衆国議会議事堂など、重要な建物の中心に位置しています。
1160123

ワシントン記念塔(Washington Monument)は、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.の中心部に位置する、ナショナル・モールの中心にそびえ立つ、巨大な白色のオベリスクの名称である。単にワシントン・モニュメントと呼ばれることや、ワシントン記念碑などと呼ばれる場合もある。1776年の独立戦争時に、アメリカ大陸軍を率いてイギリス軍との戦いを勝利へと導いた合衆国初代大統領、ジョージ・ワシントンの名誉ある功績を称えて建造された、アメリカ合衆国大統領記念碑の一つである。(ウィキペディアより引用)

リンカーン記念館
1160217
リンカーン記念館(Lincoln Memorial)とは、アメリカ合衆国首都ワシントンD.C.のナショナル・モール西端に位置し、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンを記念して建立された、大統領記念建造物の一つである。リンカーン記念堂やリンカーン・メモリアルなどとも称される。
記念館の中心となるのは、彫刻家ダニエル・チェスター・フレンチの手によって作り上げられたリンカーンの坐像である。彼は南北戦争時に活躍した写真家、マシュー・ブラディが撮影したリンカーンの写真を研究し、哀愁を帯びどこか物哀しげで、ワシントン記念塔前に広がるリフレクティング・プールを東方向にじっと見下げている大統領の姿を描写した。(ウィキペディアより引用)

1160219

1160222

ジェファーソン記念館。
ジェファーソン記念館(Thomas Jefferson Memorial)はアメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンを記念して建立された記念建造物である。(ウィキペディアより引用)
1160212

1160134

1160133

1160209

アメリカ合衆国議会議事堂
1160175

1160166

アメリカ合衆国議会議事堂(United States Capitol)は、アメリカ合衆国議会の議事堂。地理的にはワシントンD.C.のやや東に位置するが、首都の中心とみなされ、ワシントンD.C.の住所の東西南北は議事堂を基準に定められている。高さ288フィート(87m)の巨大なドームが特徴的な新古典主義建築で、一般にはキャピトル・ヒル(Capitol Hill)と呼ばれている。(ウィキペディアより引用)

合衆国最高裁判所
1160148

ケネディー大統領も眠っているアーリントン国立墓地。
アーリントン国立墓地(アーリントンこくりつぼち、Arlington National Cemetery )は、ワシントンD.C.からポトマック川を渡ってすぐのバージニア州アーリントンにあるアメリカ合衆国の国立墓地および、戦没者慰霊施設である。(ウィキペディアより引用)

ケネディー大統領に敬意を表して、ここに永遠の火が灯られています。
1160195

当時の様子
1160192

正面のリンカーン記念館からここまで運ばれて着ました。
1160205

同じ場所の現在の風景
1160199

スミソニアン国立自然史博物館
1160224

スミソニアン国立アメリカ歴史博物館
1160250

3日間かけてワシントンDCを観ましたが、あと2~3日かけてもっとスミソニアン博物館巡りをしたかったな。次回のお楽しみ。

アメリカ合衆国議会議事堂近くの地下鉄駅前レストランに、何ともユーモアたっぷりのアメリカらしい絵が飾られていました。
主役はリンカーン大統領とレーガン大統領ですね。やっぱり人気のある大統領にスポットライトが当たるのかな。
1160141

ツナ・サンドウィッチ
1160142

アメリカ赴任10年目にしてやっと訪れたワシントンDC。
お気に入りの町、ベスト3に入選。

1160251