2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
淡路島でフィッシングを楽しみました
2002年の新婚旅行以来、15年ぶりに淡路島へやってきました。
10人で漁船をチャーターして釣りを楽しもう、という企画です。
船長さんが「ここは水深40m」「ここは25m」と釣れるポイントへ連れて行ってくれます。
7153715353

6時間ほどチャレンジして十人中、二人がボウズでしたが、自分がその一人に。

こんな魚たちが釣れました。
一番下に写っているにはアコウという高級魚だそうです。
今が旬の魚とのこと。
7153715553

自分は釣れませんでしたが、真ん中のグレー色をした魚をもらいました。
これはソエという魚だと船長さんに教えてもらいました。
7153715453

帰宅して魚さばきに初挑戦。
鱗を取り、自己流で三枚におろし、塩焼き、煮つけ、唐揚げにしてみました。
7153716053
7153715953
7153715853

もちっとした触感でとても美味しかった。
サッカー合宿中の長男に食べてもらえなかったのは残念でしたが、奥さんと次男からは大好評でした。

今度は自分で釣った魚を食べたいな。
マツダミュージアム
広島にあるマツダミュージアムへ。
ショールームには昔の車が何十台も並んでいました。
この車、何か見たことあるなあ、と思っていたら『帰ってきたウルトラマン』のウルトラ警備隊が乗っていた車だったんですね。
798798798

自分が初めて車を買ったのは1999年。
マツダのカペラ、ワゴンタイプのミッション車でした。
なかなかいい車だったのを覚えています。
もし復刻版というかたちで出たら買ってしまうかも。
生駒ふるさとミュージアム
一年生の次男と「生駒ふるさとミュージアム」へ。
1425142525

<ふるさと生駒歴史年表(抜粋)>
 710年 平城遷都にともない王都近郊の地になる
 749年 行基が82歳で没し、生馬院(現在の竹林寺)で埋葬される
1576年 豊臣秀吉の命により大和国惣検地が実施される
1694年 松尾芭蕉が暗峠を越え、「菊の香に くらがり登る 節句かな」
       という句を詠む
1863年 天誅組の変が起き、伴林光平が北田原一軒茶屋で捕らえられる
1867年 旗本堀田氏領高山村庄屋の中谷吉兵衛が薩摩藩堺紡績所の
       開設に先立って「綿花買入方」に任命される

1425143125

「ここが生駒駅で、この道で家へ帰るやろ。家からここを曲がって坂を上って行って、これが小学校。」
友達の家を必死に探しています。
1425142625

土器パズルで遊んだり、生駒すごろくで遊んだり
1425143425

結構面白かったです。
鳥取城と鳥取県立博物館を訪問しました
山城である鳥取城とそのふもとに建てられた鳥取県立博物館を訪問しました。

「鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にある日本の城(山城跡)である。国の史跡に指定されている。
久松山城ともいわれ、中世城郭として成立、戦国時代には織田信長の家臣であった羽柴秀吉と毛利軍との戦いの舞台(中国攻め・鳥取城の兵糧攻め)となる。江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り近世城郭に整備された。現在は天守台、復元城門、石垣、堀、井戸等を残すのみとなっている。(ウィキペディアより引用)」
990147

まずは博物館から。
994147

歴史民俗展示室では旧石器時代から江戸時代までの郷土の歴史を紹介しています。
その中でも後醍醐天皇の南北朝時代、毛利家の台頭、豊臣秀吉の兵糧攻め、関ヶ原の戦い以降の統治に着目して見学しました。

二度の鎌倉幕府討幕計画に失敗した後醍醐天皇は隠岐に流されます(1331年)が、脱出して反撃にうってでます。
そして幕府軍を倒して吉野(生駒から車で一時間半)を都としました。
995147

応仁の乱(1467年)以降、戦国時代へ。
1560年以降、この地を支配していた尼子氏は毛利氏に敗れて衰退。
毛利氏は羽柴秀吉の二度に及ぶ侵攻(1581年、1582年)に合い、支配権を失います。
997147
998147

毛利方の吉川経家は羽柴秀吉に包囲されます。
毛利方が青、羽柴方が赤。
1003147
1002147
1001147

関ヶ原の戦い(1600年)後は徳川方の大名が領国経営に着手。
1617年に池田光政が城主となり、以後、池田氏が支配しました。
999147
1004147
1006147
1005147

鳥取城へ。
ここは城跡で、今は石垣が残っているだけの姿になっています。
1009147

当時の姿はこんな感じです。
1007147

二の丸跡まで登ってみました。
秀吉軍に眼前を全て包囲されている吉川経家と、1617年にここに入った池田光政ではさぞかし見える景色が違ったことでしょう。
1012

ところで
991147

「ふるさと」「春が来た」「もみじ」「おぼろ月夜」等を作曲したのは鳥取市出身の音楽家のようです。
岡野貞一という名前は知りませんでしたが、これらの童謡が同じ人によってつくられたと知ってびっくり。

夕食は帰りの特急の中で鳥取名産品である蟹、とうふちくわを楽しみました。
1015