FC2ブログ
カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
高清水 大吟醸
酒蔵:秋田酒類製造株式会社
精米歩合:50%
地域:秋田県秋田市
種類:大吟醸
価格:600チェココルナx5.0円=約3,000円
2497lo

プラハの韓国食材スーパーで購入。
自分で握ったお寿司と一緒に楽しみました。
美味しかったです。
生駒宝山 純米大吟醸
酒名:生駒宝山 純米大吟醸
酒蔵:上田酒造株式会社
精米歩合:50%
地域:奈良県生駒市
種類:純米大吟醸
価格:?円(180ml)
8314

週末に裏山を散策しました。
8288gb
8292gb
8295gb
8299gb

そしてチェコでの家族生活1周年を記念して、日本食レストラン『桂』で寿司をオーダー。気合を入れて大奮発してしまいました。
8302gb

コロナウィルスの影響で持ち帰り商品の販売営業のみとなっているのが残念ですが、家で生駒のお酒と一緒に楽しみます。
上田酒造の『生駒宝山 純米大吟醸』。すっきりと洗練されていて、米の甘みの余韻をしっかりと感じることが出来る美味しいお酒でした。自分の中での日本酒トップ10入り当確です。
8307gb

やっぱり日本の食文化は最高だなあ。
小澤酒造 Tokyo Z1(ゼットワン)
酒名:Tokyo Z1(ゼットワン)
酒蔵:小澤酒造株式会社
精米歩合:?%
地域:東京都青梅市
種類:本醸造酒
価格:オープン価格
7852gb

小澤酒造/澤乃井は学生時代によく川下りをしていた奥多摩でいつも横目にしていました。当時は日本酒を楽しむ習慣がなかったため飲んだことはありませんでしたが、そんなふうに何だか馴染みを感じていた酒蔵です。
その小澤酒造が海外マーケット限定?で醸造したのがこの『Tokyo Z1』とのこと。
プラハでお寿司と一緒に楽しみました。

全農のHP(https://www.zennoh.or.jp/press/release/2019/577081.html)から以下に紹介します。2019年7月の記事です。

JA全農インターナショナル(株)×小澤酒造(株)×日本酒類販売(株) 共同開発商品 輸出専用日本酒ブランド『TOKYO Z1』の販売について

JA全農インターナショナル株式会社(代表取締役社長:瀬戸二郎、本社:東京都千代田区),小澤酒造株式会社(代表取締役社長:小澤幹夫、本社:東京都青梅市),日本酒類販売株式会社(代表取締社長:田中正昭、本社:東京都中央区)は、輸出専用日本酒ブランド『TOKYO Z1(ゼットワン)』を共同開発し、7月より東京の姉妹都市である英国ロンドンにて販売を開始します。今後、欧州各国へ販売網を拡大していきます。

【開発の意図・目的】
ラグビーワールドカップジャパン2019と東京オリンピック・パラリンピック2020により世界の注目が日本に集まるのを好機と捉え、日本酒の輸出専用ブランドを開発し、JA全農グループの海外輸出拠点や、英国食品卸売会社のチャネルなど活用して海外に販売することにより、日本酒と日本産米の消費拡大を図ります。

【商品特徴・コンセプト】
○『Z1』の由来は、「ZeroからOne」。「まったく日本酒を飲んだことがない方に、まずひとくち飲んでもらう」ための、手に取りやすい価格と容量設定(180mlボトル)
○東京に現存する8蔵のうちの1社で、豊かな奥多摩の自然に囲まれ、300年以上酒造りを続けている小澤酒造による醸造
○世界唎酒師コンクール小売部門優勝者による監修
○日本食以外のレストランにも似合うようロンドンのデザイン会社にラベル作成を依頼。英国での消費者アンケートを経て「Made in Tokyo, Designed in London」の解りやすいデザインを採用
○海外の酒類販売に精通した日本酒類販売株式会社がマーケティングをサポート

JA全農グループ、日本酒類販売株式会社及び小澤酒造株式会社は、『TOKYO Z1』の販売を通じて、日本酒の価値を訴求するとともに、日本産米の消費拡大に貢献してまいります。

【商品概要】
1.商品名:TOKYO Z1(ゼットワン)
2.種類:本醸造酒
3.製造場所:東京都青梅市
4.容量:180ml
5.入数:12本/ケース
6.希望小売価格:オープン
7.発売日:令和元年7月1日(月曜日)
8.発売地域:欧州 ※他地域も随時販売予定
北秋田 純米大吟醸
酒名:北秋田 純米大吟醸
酒蔵:株式会社北鹿(ほくしか)
精米歩合:45%
地域:秋田県大館市
種類:大吟醸
価格:1,300円(720ml)
7937gb

北秋田を楽しむのは今回で2本目。
奈良に住んでいた頃、生駒駅前のKINSHOでよく見かけました。
コスパが良くとても美味しいお酒でした。
出羽桜 特別純米酒
酒名:出羽桜 特別純米酒
酒造:出羽桜酒造株式会社
原料:国産米
精米歩合:55%
地域:山形県天童市
種類:純米酒
価格:1,300円(720ml)
7936gb

出羽桜を楽しむのは今回で2本目。先回は昨年9月、吟醸酒だったかな。
今回楽しんだ特別純米酒もとても美味しかったです。コスパ抜群のお酒ですね。

同社ホームページより以下紹介します。

「1980年の発売以来、皆様にご愛飲頂いている出羽桜の定番酒。「この酒で日本酒に目覚めた」とのお声を多く頂き、吟醸ブームを切り開きました。フルーティーな吟醸香と爽快な味わいが評価され、「マックスファクター化粧品"SK-Ⅱ"の香りサンプル」「英国最古のワイン商で王室御用達のBB&R社が初めて扱う日本酒」に採用されるなど、今なお進化を続けています。」

「貯蔵前と瓶詰め前の二回火入れをするのが一般的ですが、吟醸酒の特徴であるフルーティーな香りを加熱殺菌工程で揮発させないために、出羽桜は特別な方法を用いています。吟醸クラス以上の日本酒は、生のまま貯蔵を行い、瓶詰め後王冠をしてから加熱殺菌を行います。手間暇はかかりますが、吟醸酒の香りと味を逃さない最適な方法です。」