2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
エヴェレスト 神々の山嶺
10年前に読んだ原作『神々の山嶺(いただき)』の映画を鑑賞。
山岳表現が豊かで色々とメモを取りながら読んだことを覚えています。
山がそこにあるから登るのではなく、俺がここにいるから登るんだ、という主人公の言葉がカッコ良かった。
kgi00002
アウトドア活動総括2017
171230outdoor

ハイキングは目標の10回を達成できず寂しい結果に終わりました。
カヌーは未経験の川を二本(古座川、宇治川)漕げたこと、1年生の次男がカヌーツーリングデビュー(宇治川)できたことで満足のいく結果に。
来年はどんな活動をしようかな。
川下りまとめ
いったんこれまでに下った川をまとめてみよう、と地図を見ながら書き出してみました。

川を漕いだ時期や水量、また使った舟によって感覚ががらりと変わるのですが、自分の主観では「景色が美しい川」部門には「北山川(和歌山県)」「四万十川(高知県)」「ユーコン川(カナダ)」をノミネート。
「水がきれいな川」部門には「銚子川(三重県)」「天ノ川(奈良県)」を、「怖かった川」部門には「保津川(京都府)」「オコイエ川(アメリカ)」をノミネートしました。

80歳までは川下りを続けたいと考えていますがどうなるでしょう。
シーカヤックもやってみたいと思い続けて20年ほどアクションを起こせていません。
これも人生残課題の一つです。

kawa201701
kawa201702
宇治川カヌーツーリング
この日は次男のカヌーツーリングデビューで宇治川にやってきました。
下る区間は京阪宇治駅から八幡市駅までの約12kmです。
uj1777

京阪宇治駅付近の河原からスタート。
uj002828
ju002829
uj002831
uj002836

中間地点手前の観月橋駅付近までは1級程度の瀬が所々に現れ快適に漕ぎ進めます。
そこからゴールまでは流れはありますが瀬はなくなり、ちょっとしんどい。

京阪電車の鉄橋をすぎるとゴールが見えてきます。
uj002838

ゴール
ju002839

八幡市駅前のコンビニで次男はフルーツゼリーを、自分は京都が地元の酒蔵『黄桜』が造ったビールを購入。
uj1779

時間があれば目の前にある石清水八幡宮を見学したかったのですが、夕方5時を過ぎていたので断念しました。
そのまま京阪から近鉄に乗り換えて生駒へ戻ります。
見えているのは先ほどのゴール地点。
uj1784

そろそろ寒くなってくるので今年のカヌーはこれでおしまいかな。
古座川カヌーツーリング(和歌山県)
銚子川(三重県)、天ノ川(奈良県)に続いて、川合宿の締め選んだのは和歌山県南部を流れる古座川です。
ここに来るのは初めてで、きちんとしたカヌーツーリングをするは昨年下った木津川以来。
今回は5年生の長男と二人ですが、木津川で初めて沈(転覆)を経験した長男はカヌー恐怖症に陥ってしまい、連れ出すのに苦労しました。

古座駅からタクシーで鶴川橋へ。
タクシーの運転手さん曰く
「この間の台風の影響で水が濁ってて断念ですねぇ。本来なら川底まで奇麗に見れるんですけどねぇ」

鶴川橋はゴール地点の河口付近まで約12kmの行程です。
記念撮影をして9:10に出発。
P8140002

大柳橋を過ぎると明神小学校前の瀬が現れます。
1級程度の瀬で快適に漕ぎ進めました。
P8140003

沈下橋手前で偵察。
ほぼ全体の通路が倒木でふさがれています。
左岸側にギリギリ通過できるルートがありましたが、コース取りを誤ると障害物に引っかかる危険があったため、漕ぎ抜けるのは断念。
無理せず右岸の河原をカヌーを担いで、沈下橋の下流から再び漕ぎ始めました。
P8140005

10:05に明神橋着。
明神橋付近で古座川の支流である小川(こがわ)と合流します。
古座川が濁っているのは上流にあるダムの影響(台風でダムを開放)ですが、支流の小川は清流を保っていました。
P8140007

ちょっと早めの昼食をとりながら小川で遊びます。
水中の透明度はこんな感じ。
P8140009
P8140010

そのまま古座川本流へ流されていきます。
とにかく気持ちいい~。
P8140014

1時間ほど遊んで11時過ぎに出発。
P8140015

高瀬橋を越えたところにある1級の瀬。
カヌーを川の流れに真っすぐにしたら、こうして写真を撮る余裕がある程度の瀬があるくらいなので、子供と一緒でも安心して下れます。
次回は奥さんと1年生の次男も連れて来ようかな。
P8140017

12:10、飛び込み岩から勇気を出して・・・
P8140018

勇気が出ない・・・
P8140019

「飛べたらハンドスピナー(おもちゃ)買ってくれる?」
「いいよ」
「じゃあ飛ぶ・・・やっぱ無理・・・でも飛ぶ・・・無理や~」
P8140021

河内橋を通過すると流れはほとんどなくなります。
そこからゴールまでの2kmは腕の筋トレ。
目の前の橋の右岸側がゴールです。
その奥に小さく見える橋が河口で、その先に太平洋が広がります。
P8140022

13:35、ツーリングの旅はここでおしまい。
木津川で転覆した記憶もトラウマにならなさそうで良かったです。

行きは紀伊半島を海岸沿いにドライブしましたが、帰りは内陸ルートを選びました。
古座→新宮→瀞八丁(田戸)→十津川村→五条→大阪へ。

新宮から瀞八丁(田戸)までは熊野川沿いに168号線を北上します。
奥さんと初めてカヌーツーリングをしたのがこの川です。
懐かしく思いながらドライブを楽しみました。
P8140025

長男はぐっすり。
P814002

今年もう一回来れるかな。

古座観光協会のホームページで古座川の情報を確認出来ます。
http://kokoza.com/canoe.html
kozakannkokyokairivermap001