2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
ホー・チ・ミンを訪れました
ベトナムのホー・チ・ミンを訪れました。

ベトナム航空でホーチミン空港に到着したのが日曜日の昼過ぎ。ホテルでチェックインを済ませ、近くのレストランでフォー(米を原料とするベトナムの麺料理)を食べ、街の散策に出かけました。
1150985

ホーチミンの高級ブティック街の一角。付近にはルイビトンやバーバリーといった高級店が軒を連ねています。
1150979

ホー・チ・ミン像
1150980

歴史博物館(Bao Tang Linh Su)ではベトナム戦争についての展示コーナーを中心に見学しました。
1150987

「腐敗した政権に反対したのは、市民や学生だけでなかった。ベトナムの国民の多くが仏教徒で、仏教寺院が大きな力を持っていたが、カトリック教徒だったゴ・ジン・ジェムは、仏教寺院を厳しく弾圧。仏教寺院を弾圧することは、国民の大多数を敵に回すことでもあった。仏教徒は殺生が禁じられているため、武器を持って抵抗することは出来ず、中には焼身自殺をして、抵抗の意思を見せる僧侶も現れた。この映像は世界に流れ、衝撃を与えた。」
1150989

「1975年、北ベトナム政府軍の全面攻撃により、南ベトナム政府郡は総崩れに。サイゴンにわずかに残っていたアメリカ大使館関係者と政府関係者は、アメリカ軍が急遽派遣したヘリコプターでサイゴンを逃げ出した。アメリカ大使公邸の屋上に降り立ったヘリコプターに、ヘリで脱出しようとする人たちの長い列ができ、その様子が世界の人々に報道された。サイゴン市内に北ベトナム政府軍が突入すると、南ベトナム政府軍の兵士たちは、軍服を脱ぎ捨て、軍靴を放り出したまま、群衆の中に逃げ込んだ。散乱する軍靴の様子は有名な写真として記録されている。解放戦線の旗を掲げた北ベトナム政府軍の戦車がサイゴンの大統領官邸に突入、南の政府高官が降伏し、南ベトナムという国は消滅した。」
1150988

次に訪れたのは戦争博物館(Bao Tang Chung Tinh Chien Tranh)です。
1150995

1150996

1150999

同博物館ではベトナム戦争について、さらに詳細な資料が展示されていましたが、深い戦争の傷跡を示す虐殺の様子や多くの異常出産児等、数々の写真を観て、色々と考えさせられました。

「解放戦線との戦いで、アメリカ軍は熱帯のジャングルに大苦戦を強いられた。上空からは解放戦線のゲリラを見つけられず、爆弾を投下しても、密集したジャングルは破壊力を小さなものとした。これに対してアメリカ軍がとった作戦が、「枯葉剤」の空中散布だった。除草剤、枯葉剤を大量にまくことにより、ジャングルの木々を枯らしてしまおうという環境破壊作戦だった。この除草剤には、不純物としてダイオキシンが混ざっていて、それが人間にとって極めて有害(高い発ガン性や、異常出産をもたらす危険性)なものであることが、その後わかってきた。ベトナム戦争が終わってからも、二人の体がつながって生まれたべトちゃん、ドクちゃんのような赤ちゃんの出産が相次いだ。戦争は、環境や子孫への犯罪となった」

今回、ホー・チ・ミンを訪れる前に、ベトナム戦争について簡単に調べておいたので、街を散策する中で、同国の歴史のある部分について、より理解が深まったのではないかと思います。

次回訪れる際は、フランス統治時代のベトナムについて学んでみようかな。
太魯閣渓谷 in 台湾
先月の話。

週末を利用して、台湾の北東部に位置する太魯閣渓谷を訪れました。
何年も思い続けて、やっとその機会に恵まれたのです。

「太魯閣渓谷(タロコ渓谷)は、立霧渓が大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷。奇岩怪石と水の美しさゆえ、台湾の中でも特に人気のある観光地である。
「タロコ」の地名は流域の台湾原住民タロコ族の言葉で「連なる山の峰」を指すとも、高名な頭目の名に由来するともいう(ウィキペディアより引用)」

1150941

1150952

1150957

1150958

1150969

1150970

1150972

台湾の風景は日本のそれに近く、ぼんやり眺めていると何だか“ホッ”とするんですね。
水原(Suwon) in 韓国
韓国の水原(ソウル・インチョン空港から車で1.5~2時間ほど南東へ走る)という町を訪れました。

水原は韓国にいくつかあるサムソン・タウンの一つで、同社の成長に伴って市の財政が豊かになったそうです。
また水原カルビでも有名。ただある韓国人に言わせると、それは町興しのようなもので、何も水原でカルビを食べる必要はない、ソウルで食べても同じだよ、ということでした。
そして、水原氏最大の魅力はユネスコ世界文化遺産に登録されている李氏朝鮮時代の城塞遺跡、『華城(かじょう、화성、ファソン)』でしょう。

これまでに何回か水原を訪れていますが、なかなか華城を見学する機会に恵まれませんでした。この度ようやく、何とか時間が取れ、ゆっくりというわけには行きませんでしたが日没前の夕日が美しい時間帯に辺りを散策することが出来ました。

「18世紀末に李氏朝鮮第22代国王・正祖が老論派の陰謀により非命に倒れた父(思悼世子)の墓を、楊州から水原の顕隆園(隆陵)に移し、その周囲に城壁や塔、楼閣や城門を築いて防護を固めた。これが華城である。当時の朝鮮の城塞建設技術の粋を集め、そこに西洋の技術をも合わせたのは、設計を行った朝鮮後期の実学者・丁若の功績であった。華城建築には、1794年より1796年まで2年を越える月日と37万人の労力が投入された。華城は老論を排除し実学を重視した正祖の理想都市であり、一時は華城への遷都も検討されたが、華城完成直後に正祖が死亡したため遷都は見送られた(ウィキペディアより)」

韓国の首都はひょっとしたら水原になっていたかもしれないんですね。

訪れた時期が9月の下旬だったこともあり、とても綺麗な秋空(羊雲?)が視界いっぱいに広がっていました。

1150894 1150900 1150903
1150902
1150907
1150909
1150915
1150913
1150920
1150922
韓国のインスタント冷麺
韓国ではインスタントの冷麺をコンビニで買うことが出来ます。
1150694

1150695

1150699

実にすばらしい!
韓定食
ソウルの南に位置する町で、韓国人の友人が
「伝統的な料理を味わえる店に連れて行ってあげましょう」
と趣のあるレストランに案内してくれました。
kan1

オーダーしたのは、韓定食と言われる李氏朝鮮時代の宮廷料理をルーツとする料理です。
kan2

陰陽五行説に基いて、五味五色(塩味、甘味、酸味、苦味と赤、黄、白、黒、緑)の料理を20品目近く出すのが特徴だそうです。
kan3

kan4

韓国焼酎とともに、会話を楽しみながら美味しく頂きます。

韓国料理屋に行くとステンレス製の器と箸が出されますが、本来は真鍮製のものを使うそうで、このレストランではそこにもこだわっている、とのことでした。

真鍮製の器
kan5

見た目以上にずっしりと重く、伝統の重みを感じました。
異国の文化に触れると、とても新鮮な気持ちになりますね。

韓国語を勉強してみたいけど、その余裕がないなあ。
kan6