2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
如月(2月)のダイエット総括
 標記の件、下記にて報告申し上げます。

<計画>
12/31/07 77.5kg ダイエット開始
 1/31/08 75.0kg
 2/29/08 73.0kg
 3/31/08 72.0kg
 4/30/08 71.0kg
 5/31/08 70.0kg
 6/30/08 69.0kg
 7/31/08 68.0kg
 8/31/08 67.0kg
 9/30/08 66.0kg
10/31/08 65.0kg
11/30/08 65.0kg 維持
12/31/08 65.0kg 維持 ダイエット終了

<実績>
 1/31/08 74.5kg 達成/同月△3.0kg/累計△3.0kg
 2/29/08 72.8kg 達成/同月△1.7kg/累計△4.7kg

以上
28万円の車
 日経ビジネスにインドのタタ・モーターズの目玉商品、28万円の車の記事が掲載されていました。

ビジネス タタ 28万円の車

 この見た目で28万円なら悪くないような気がします。車が28万円というのは業界では「びっくり」のことのようですね。

 Costco(会員制スーパー)や電気量販店へ行くたびに、薄型テレビが安くなっているのを目にします。日本よりアメリカでの販売価格の方が安いそうですが、42インチのプラズマ・テレビがもう1,000ドルです。ちょっと前まで2,000ドル以上だったですし、10年くらい前は1インチ100ドル(42インチなら4,200ドル)を割ったら市場で売れる、なんて言われていました。そう考えるとすごい価格の下がり方ですね。
 いろいろな業界で、「ありえない」と言われていた価格が「ありえる」ようになるのでしょうか。

 コーラはずっと同じ価格でそういう意味では羨ましいですね。特に味や品質を極端に向上させる製品でもないし、生産方式はローテクで、テレビメーカーや自動車メーカーのような多額な投資も必要ありません。それでもいつの時代も世界中の多くの消費者から支持されている。最高のビジネスモデルの一つであるような気がします。

 さて、自動車業界は世界規模で見れば、あと50年は成長する、とも一部で言われていますが、そんな先のことは誰もわからないですよね。今の常識は、5年後には常識でなくなっているでしょうから。
 様々な要因で世界が変わっていくので、ビジネス上では何かと大変ですが、つまるところ変化があるほうが面白いですね。
 これから何十年も、世の中が変わっていくのを見れるのはとても楽しみです。
Cantele(ワイナリー) Primitivo(葡萄) イタリアワイン
ワイン名称:Primitivo Salento
ワイナリー:Cantele
種類:Primitivo
年:2004
地域:イタリア/Salento半島(どこ?)
価格:10ドルくらい(推測)
再購入:する

ワイン Cantele Primitivo

 旅先のイタリアン・レストランでフレッドさんと適当に選んだイタリアワインを楽しみました。
 ボトルを注文して24ドルだから、ワイン屋で買ったら多分10ドルくらいなのではないかと思います。これがとても美味しい!週末からちょっと風邪気味なのでワインはやめておこうかなあ、と思いつつ、誘惑に負けてしまいました。
 上記写真は宿泊先(ハンプトン・イン)の部屋にて。造花ですが、なかなか綺麗ですね。

 同ワイナリーのウェブサイトにはこんな表記が。

CLASSIFICATION: I.G.T. Salento
GRAPE VARIETIES: 100% Primitivo
PRODUCTION ZONE: San Pietro V.co (BR)
YIELD PER HECTARE: 7 tonnes (4.500 vines per ha)
HARVEST PERIOD: first week of September
TRAINING SYSTEM: bush vines

 他にも色々書かれていたのですが、結論からすると何のことかさっぱりわかりませんでした。でも美味しければそれでいいですよね。

 なお、ダイエット中なので食事はターキー胸肉と野菜のコンビネーションをオーダー、また付け合せのマッシュポテトは炭水化物にバターをたっぷり含ませて危険なので、それをアスパラに変えてもらいました。このままいけば、2月も期初計画体重をクリア出来そうです。
 ワインを楽しみながら体重を落とす。なんとかこの方針を崩さずにいきたいなあ。
Williams Sonoma
 ウィリアムズ・ソノマ。
 近くのショッピングモールに入っています。
日常 Williams Sonoma1

 アメリカに来てすぐの頃、家内が師と仰いでいる友達~その人は今日本でパン教室の先生をしながらアロマテラピストを目指している、すごいね~に教えてもらって、ちょこちょこここの製品を買い揃えてきました。

 店の中にキッチンがあって、店の調理器具で調理した料理や店で販売している調味料・食材を使った料理を試食することができます。
日常 Williams Sonoma2

 商品の展示方法も工夫されています。
日常 Williams Sonoma3

 美味しそう~
日常 Williams Sonoma4

 店の商品は食器、鍋つかみ、エプロン、その他いろいろありますが、色彩が豊かなので見ていると楽しくなります。
 これは何だろう?キャンディー?
日常 Williams Sonoma5

 日本にも進出していると聞いています。どんな商品ラインナップになっているか見てみたいですね。
Smoking Loon カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイン名称:Smoking Loon
ワイナリー:Don Sebastiani & Sons
種類:Cabernet Sauvignon
年:2005
地域:アメリカ/カリフォルニア/ナパバレー
価格:9ドル
再購入:する

ワイン Smorking Loon カベネ 2005

 カベネなら17ドルで美味しく楽しめるセバスチャーニの廉価版。9ドルでこの味なら十分満足出来ます。同ワイナリーは高品質でありながらリーズナブルな価格帯の次世代に向けたワインを市場に提供する事を目的としています。
 なお、同ワインは、ワイン・エンスージアスト誌で2005年アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、750mlボトルのワインの中で、2006年6月18日までの集計(カベネ部門)で、アメリカで最多販売(12週間単位)を達成しました。

 JALのシカゴ―成田便のエコノミークラスで、せめてこのワインを出してくれれば嬉しいのだがなあ。そんなに高くないのに。残念ながら美味しくないフランスワインが出てくるのでビールを飲んでいます。