2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
水無月(6月)のダイエット総括
 標記の件、下記にて報告申し上げます。

<計画>
12/31/07 77.5kg ダイエット開始
 1/31/08 75.0kg
 2/29/08 73.0kg
 3/31/08 72.0kg
 4/30/08 71.0kg
 5/31/08 70.0kg
 6/30/08 69.0kg
 7/31/08 68.0kg
 8/31/08 67.0kg
 9/30/08 66.0kg
10/31/08 65.0kg
11/30/08 65.0kg 維持
12/31/08 65.0kg 維持 ダイエット終了

<実績>
 1/31/08 74.5kg 達成/同月△3.0kg/累計△3.0kg
 2/29/08 72.8kg 達成/同月△1.7kg/累計△4.7kg
 3/31/08 71.8kg 達成/同月△1.0kg/累計△5.7kg
 4/30/08 70.6kg 達成/同月△1.2kg/累計△6.9kg
 5/31/08 69.8kg 達成/同月△0.8kg/累計△7.7kg
 6/30/08 69.0kg 達成/同月△0.8kg/累計△8.5kg

以上
サルサドリア
 家内のリクエストに応えてドリア(っぽいもの)を作ってみました。最近、チーズを溶かすことが面白くてたまりません。ちょっとハマッています。

 まずは玉ねぎ、ニンジン、ネギを具にしてガーリック炒飯を作ります。
1303

 何層にもしたらカッコいいかなあ、と適当に薄く卵を焼いて載せました。そして、軽くフライパンで炒めた鶏肉をその上へ。
1306

 さらにナス。
1307

 ここにパブリックス(食品スーパー)で買ってきたサルサソース、コクを出すためのブルーチーズ・ドレッシングとチーズを載せて焼入れ前の段階としては完成です。
1308

1310

1311

 オーブントースターで焼き上げます。
1319

 Afternoon Teaの皿に盛り付けて出来上がり。
1327

 なかなか美味しく出来上がりました。
 適当に作っていくのはとても楽しいのですが、同じものを二度と作れないというのが難点ですね。
日本歴史占い
 面白い占いを見つけました。
 日本歴史占いhttp://woman.excite.co.jp/fortune/rekishi/

 性別と生年月日、それだけを打ち込むと結果(歴史上の人物)が出るシンプルなものです。ドキドキしながら結果を待つと、なんとその人物は坂本龍馬でした。占いに特に興味があるわけではないのですが、妙に嬉しくなってしまいました。

~応用の天才にして優柔不断~
 話し上手の聞き上手。どんな相手をも饒舌にさせてしまう乗せ上手。やや独創性に欠けますが、相手の長所やアイデアを次々引き出し、それをヒントに新しいものを提案したり、コーディネートするのが得意。薩長同盟や体制奉還論も、龍馬の発案でありません。日本初の総合商社・亀山社中(のちの海援隊)も設立。組織も資金力も持たない龍馬は、人の心を読む鋭い洞察力で人間関係をとりもつ潤滑剤の役割を果たしました。

<頭脳>
 話がうまく、自然とよく動く二枚の舌で相手をいい気分にさせる器用さがある。交渉ごとに長ける。既存の材料にちょっと味付けして、新しいものに変えていくのが得意。

<センス>
 なにごとにも物おじせず、「なんとかなるさ」とどんなピンチも乗り越えていく図太い神経の持ち主。これだけは絶対に譲れないみたいな頑固な一面もあるが、ふだんは鈍いフリをしている。

<感情>
 初対面の人には愛想が良く、平和的・友好的態度で接するので第一印象のポイントはかなり高い。相手の懐深く飛び込んでいけるから、安心感や親しみを与える。ホントは内弁慶。

<外見・言葉>
 主義主張に一貫性がないのは、人の影響を受けやすいから。天然ボケも少し入っている。メモはとらないし、とってもメモ用紙をなくしてしまう。なのに、笑って許されてしまう得な人。

<行動>
 大器晩成を予感させる逸材。熟考してから行動する慎重派だが、面倒なことが大嫌いなので案外ドタキャンも多い。名より実を取るタイプ。おいしいポジションにこだわりがある。

 こんなふうになれたらいいなぁ。
Cycles Gladiator カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイン名称:Cycles Gladiator
ワイナリー:Cycles Winery
種類:Cabernet Sauvignon
年:2006
地域:アメリカ/カリフォルニア/セントラル・コースト
価格:9ドル

ワイン Cycles カベネ

 ライダーブロガーのYoshiさんhttp://miscyoshi.blog87.fc2.com/が興味を持つかもしれないなあ、と思い自転車の絵が描かれたワインを買ってみました。
 お手頃な価格だけれど、しっかりした味のカベネで、美味しく楽しみました。
 日本でも千円代で手に入るようですので試してみてはいかがでしょうか。

 ウェブサイト(楽天市場)で調べると、絶賛されていました。飲む前にこの解説を読むと、妙にハードルを上げてしまいそうですが、下記に引用します。

『ハーン・ファミリー』、私どもはこの名に敬意すら感じます。古くは1980年代からわずか$10台のワインでパーカー94点を獲得するほどの「美味しいワインをとにかく安く、、、」というカジュアル・ワインに求められるこの当たり前の哲学の徹底追求。そしてこのハーン・ファミリー最新作 『サイクルズ・グラディエーター』 でそれは完成に到ったように思います。
 今年(2006年)が終わって1年を振り返ったとき、このブランドはカリフォルニアワインにおける本年度最大の発見のひとつに挙げられるでしょうし、全米各ジャーナリズムでも、今年デビューとなったワイナリーの中でも最も素晴らしいビッグ・ブランドの一つとして記憶されることと思います。将来的にも「価格帯最高峰」の造り手としてその名を広く轟かせるに違いないでしょう。そのスタートに立ち会えたことに喜びを感じます。
 カリフォルニアの通の方でも、よほど現地のニュースに敏感でなければ聞き覚えのない名前だと思います。というのもこのワイナリーのデビューは今年(2006年)1月のこと。そう、まだ初リリースから1年経っていないのです。しかしこのワインが市場に出回るや、全米中を巻き込んでの一大ブームを引き起こし、評論家からはとめどない賞賛を、ワイン・ファンからは圧倒的支持と熱い注目がここに一手に集中しています。
Edwin Wamer Park
 日曜日は歩きに歩きました。
 朝5時半に目覚め、ブログをチェックしてから散歩に出かけます。土曜日の晩にワインを飲んで、調子にのり、ポテトチップスやチョコレート菓子などを食べ過ぎてしまったので、しっかり脂肪を燃やしてやろうと気合を入れました。約1時間半、8キロ、これで暴食分を幾分か消費出来たのではないかと思います。

 午後、Edwin Wamer Park(100号線と254号線が交差するところ)へ。
 目的は「家族で水遊び」だったのですが、結果的には思いもよらず4キロも歩くことになってしまいました。
 この写真の山の向こう側に駐車場があり、ここまで約2キロ。川を求めて歩き始めましたが、想像以上に遠かった。来月2歳になる息子は、なかなか順調に歩いてくれず、ほとんどの道のりにおいて肩車をすることになりました。
1343

 ここまで歩いてきて、こちら側にも駐車場があることがわかり、嬉しいような悲しいような複雑な気分に。再び肩車して2キロを戻るのも辛いので、家内と息子を残し、車を回収することにしました。山の向こうまで峠越えで戻ります。せっかくなので大きく手を振りながら早足で。汗をたっぷりかきながらの有酸素運動はダイエット効果がありそうですね。

 車を回収して家族のもとへ戻ります。
 駐車場のすぐ裏側にはLittle Harpeth Riverが流れていました。
1334

 膝下(か、それ以下)くらいの水量があり、流れもゆるやかなため、子供と遊ぶにはちょうどいい具合でした。
 泳げるくらいの川原も家の近くに見つけたいと思います。

 この日の夜も「今日はたっぷりと運動したから」とワインを飲んで、暴食をしてしまいました。