2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
師走(12月)と2008年のダイエット総括
 標記の件、下記にて報告申し上げます。

<計画>
12/31/07 77.5kg ダイエット開始
 1/31/08 75.0kg
 2/29/08 73.0kg
 3/31/08 72.0kg
 4/30/08 71.0kg
 5/31/08 70.0kg
 6/30/08 69.0kg
 7/31/08 68.0kg
 8/31/08 67.0kg
 9/30/08 66.0kg
10/31/08 65.0kg
11/30/08 65.0kg 維持
12/31/08 65.0kg 維持 ダイエット終了

<実績>
 1/31/08 74.5kg 達成/同月△3.0kg/累計△ 3.0kg
 2/29/08 72.8kg 達成/同月△1.7kg/累計△ 4.7kg
 3/31/08 71.8kg 達成/同月△1.0kg/累計△ 5.7kg
 4/30/08 70.6kg 達成/同月△1.2kg/累計△ 6.9kg
 5/31/08 69.8kg 達成/同月△0.8kg/累計△ 7.7kg
 6/30/08 69.0kg 達成/同月△0.8kg/累計△ 8.5kg
 7/31/08 67.8kg 達成/同月△1.2kg/累計△ 9.7kg
 8/31/08 67.0kg 達成/同月△0.8kg/累計△10.5kg
 9/30/08 65.8kg 達成/同月△1.2kg/累計△11.7kg
10/31/08 64.8kg 達成/同月△1.0kg/累計△12.7kg
11/30/08 64.8kg 達成/同月△0.0kg/累計△12.7kg
12/31/08 64.8kg 達成/同月△0.0kg/累計△12.7kg

以上
久しぶりにチャタヌーガへ
 久しぶりにチャタヌーガへ遊びに行きました。
 朝7時半に出発、南西へ200km強走り、ナッシュビル時間の9時半、チャタヌーガ時間の10時半に到着。
「ニモに会いたいなぁ」
という息子の願いをかなえるために、まずは水族館へ。ここへ来たのは二回目です。ナッシュビル動物園の年間パスを持っていると一人2ドル引きになります。
d1692

 ニモ。
「ニモのお父さんもいるね」
d1675

 白いタツノオトシゴ。
d1669

 カニ。珍しいカニのようですが、どうしても「味噌」とか「足」とか食べることを考えてしまいますね。
d1682

 エイに触れ合えます。ヌルヌルっと、ねっとりした感触でした。
d1681

 昼食は、水族館のすぐ近くにあるBlue Plateというレストランへ。
 スープ&サラダとミートローフサンドウィッチを注文しました。
d1690

 歩いて子供博物館へ。
d1704

 ジャングルジムと水遊び場。
d1694

 水遊び場では雨ガッパも貸してくれます。ちびっ子たちは大喜び。
d1696

 恐竜の骨発掘体験。
d1700

 たっぷりと遊んで、息子は車中2時間ぐっすりと寝むって帰りました。
F. Korbel & Bros スパーリングワイン
ワイナリー:F. Korbel & Bros
ワイン名称:Kobel Natural
種類:Pinot Noir70% and Chardonnay30%
年:2005
地域:アメリカ/カリフォルニア/Russian River Valley
価格:15ドル
再購入:する

0316

 珍しくスパークリングワインを買ってみました。
 そんなに高くなくて、そこそこ美味しい、と聞いてKorbelを選びました。ワインショップに何種類かのKorbelがありましたが、ピノーとシャルドネでブレンドされているとラベルに書かれていたため、この銘柄にしてみました。
 スパークリングワインはこの二種類の葡萄が主流なようです。それぞれで単体で用いるか、ブレンドするかのどちらか、とのこと。
 とてもドライな感じで、あまり好みとは言えなかったのですが、三回は試してみようと思います。また、同ブランドはとても人気があるようなので、他の銘柄も色々と試してみたいと思います。

 ウェブサイトより下記に引用します。
「コーベル社は1882年創立、フランスのシャンパンと同じ瓶内2次醗酵法を使ったスパークリングワインの醸造元として、アメリカで最も古い歴史とNo.1の販売量を誇る会社です。同時に最も評価の高い銘柄でもあり、ニューヨークのタイムズ・スクエアで行われた、ミレニアムのカウントダウン・イベントでも、公式スパークリングワインに選ばれています」
クリスマス
 今年のクリスマス・イブは夜中から雨が降り続け、一日中、はっきりしない空模様でした。
1617

 近所のショッピングモールで、アメリカのクリスマスらしい雰囲気を楽しみます。
1620

d1627

 こちらは、この時期、どこのガソリンスタンドにも見られるビールの宣伝。中で雪が降っています。
d1643

 2歳5ヶ月の息子にサンタさんとプレゼントを入れる靴下について説明しました。アメリカでは、サンタさんが間違いなく来てくれるように、靴下のそばにトナカイの餌(色々な色彩の砂糖)を置いておきます。私たちはこのように置きましたが、正しくは、枕もとに餌を撒いておくようです。さすがにそれはちょっと、ね。
「サンタさん、エドワード(機関車トーマスのキャラクター)ください」
願いがかなうといいね。
d1647

 25日、クリスマス・デーは朝から気持ちのいい快晴となりました。
d1666

 息子は夜中に何回も泣きながら目を覚ましました。寝る前にサンタさん、サンタさんと何回も話をしたので、きっと興奮して眠りが浅かったのでしょう。
 親としては、朝の息子の反応が楽しみで楽しみで仕方がありません。8時過ぎに起床。ビデオを準備して、と。
「おはよう、サンタさん来たかな?」
と聞くと、残念そうな顔をして
「サンタさん来てない」
と。
「本当に来てないかな。あれ、トナカイさんの餌、無くなってるよ。ほら、袋だけになってる」
「え?」
「靴下の中、見てみたら?」
(急いで靴下の中を確認)
「わあ、エドワード!サンタさん来たね。サンタさんありがと」

d1667

 来年はサンタさんの格好をしようかな、どうしようかな、と今から考えています。何歳までサンタさんにプレゼントをもらうのかな。
Au Bon Climat Isabelle ピノ・ノワール
ワイン名称:Au Bon Climat Isabelle
ワイナリー:Au Bon Climat
種類:Pinot Noir
年:2005
地域:アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ
価格:49ドル
再購入:する

ワイン Au Bon Climat Isabelle.JPG

 22%Mondeuseをブレンドさせた同ワイナリーのピノーがとても上品で美味しかったので、同ワイナリーで最高級のピノーを買ってみました。
 個人的な好みですが、今まで飲んだピノーの中で、間違いなく三本の指に入ります。

 楽天市場ウェブサイトより。(同ワインというよりも同ワイナリーの解説)

 身長190cmの巨体を持つ、オーボンクリマのオーナー“ジム・グレンデネン”。かれが手がけるワインは、その巨体からイメージされるパワフルなワインかと思いきや、とっても繊細でエレガントなピノノワール。
 ブルゴーニュの神様“アンリ・ジャイエ”の元で修業、今やカリフォルニアを代表するピノノワールの生産者のひとつとなりました。

 彼の造るワインのコンセプトは「コンテストや評論家に受けるのではなく、食事を通して楽しめる飲み飽きないワインを造ること」その言葉通り濃すぎず、バランスの良いワインは幾らでも飲めてしまいます。

 1994年、世界中の名立たるワイン専門家が集まって行われた「マスター・オブ・ワイン」のブラインドテイスティングに、オーボンクリマが出されたそうで、隠されたオーボンクリマを飲みながら
ワイン商A「こりゃ~、"ロマネコンティ"の1990年だね」
バイヤーB「いや"アンリ・ジャイエ"か"ギイ・アカ"かな」
と、出てくる名前は、超一流のブルゴーニュワインばかり。結果が発表されると、会場中は大騒ぎになったとか。