2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
皐月(5月)のダイエット総括
 標記の件、下記にて報告申し上げます。

<計画>
12/31/08 64.8kg 体脂肪率17.0%
 1/31/09 67.0kg 息抜き期間として揚げ物、甘味の制限を解除
 2/28/09 66.0kg 
 3/31/09 65.0kg
 4/30/09 64.0kg      体脂肪率16.5%
 5/31/09 63.5kg      体脂肪率16.0%
 6/30/09 63.0kg      体脂肪率15.5%
 7/31/09 62.5kg      体脂肪率15.0%
 8/31/09 62.0kg      体脂肪率14.5%
 9/30/09 61.5kg      体脂肪率14.0%
10/31/09 61.0kg      体脂肪率13.5%
11/30/09 60.5kg      体脂肪率13.0%
12/31/09 60.0kg      体脂肪率12.5%

サブ目標
月間1,000回、年間12,000回の腹筋運動

<実績>
 1/31/09 66.8kg 達成
 2/28/09 66.0kg 達成
 3/31/09 67.4kg 未達成
 4/30/09 65.4kg 未達成 体脂肪率16.0% 達成
 5/22/09 65.0kg 未達成 体脂肪率16.0% 達成

サブ目標
腹筋運動(同月)  1,020回 達成
腹筋運動(累計) 10,080回

以上
ヴィンス・パネラ著『1日を26時間にする、最強の時間活用術』
ヴィンス・パネラ著
『1日を26時間にする、最強の時間活用術』
(PHP研究所)

26hourday

 同書は、仕事、家庭、その他様々な事柄の改善に役立つ時間活用法について記していますが、ここでは焦点を絞り、「仕事の成果を上げるために、どのように時間を有効活用するか」というテーマに沿って、ポイントを下記にまとめたいと思います。

<1>時間には「会社にいる時間」と「家にいる時間」があり、双方を有効活用することにより仕事の成果が上がっていく。

<2>時間を有効活用するためのキーポイントは三つある。一つ目は、「自分のどんな目標を達成するために時間を有効に活用したいのかをはっきりさせること」、二つ目は「自分の目標に近づくことに不必要な時間を排除する」、三つ目は「意欲的に仕事をする」である。

(一つ目)
「自分のどんな目標を達成するために時間を有効に活用したいのかをはっきりさせること」

 働く時間を充実させて、生産性を高め、所得能力の向上を図るためには、現在の自分の地位と、自分が望む将来の地位を明確にしなければならない。
 まずは現在の地位を確かめる。自分は現在、何をすることによって給料をもらっているだろうか。現在の地位がはっきりしたら、自分の能力や成果を改善する方法(どのような能力を取得したいか、その能力をどのように使いたいか)を考える。
 改善の余地がいくつか浮かび上がってきたら、その中から一番重要な点を選んで改善に取り組む。
 現在の能力を磨く一方で、将来就きたい地位を明確にする必要がある。現在の地位に留まりたいのか、社内の他の地位に就きたいのか、あるいは、いずれ別の会社に移って、まったく違う地位に就きたいのか。
 将来就きたい地位、つまり目標を達成出来たら、精神面、経済面などでどのような利益を得るのかをしっかりと考え、イメージすることが大事である。また、逆に目標を達成出来なかったら、精神面、経済面などでどのような不利益を招くかを同時に考え合わせておく。
 将来就きたい地位が明確になったら、その実現に向けて改善に取り組むわけだが、改善するためには、そのための時間を捻出しなければならない。つまり、改善するために不必要な時間を排除して、改善に必要なことに時間を割り当てなければならない。どんな改善(どんな目標)か必要かがわからなければ、どんな時間を削除しなければならないのかがわからない。
 目標の明確化は時間を有効活用するための必須条件といえる。

(二つ目)
「自分の目標に近づくことに不必要な時間を排除する」

「自分の目標に近づくことに不必要な時間を排除する」方法はいくつかある。その中で最も有効な方法は「先延ばしを回避する」ことである。なぜならば、先延ばしをすることで、気付かぬところで非常に多くの時間を無駄にしているからである。そして、先延ばしをやめることに高度な技術は要さない。
 何らかの理由(困難だ、時間がかかる、どうしていいかわからない、等)があって、仕事を先延ばしにすることはどこにでも見られる現象である。しかし、結論から言うと、その場ですぐにアクションを起こさず、先延ばしすればするほど、その仕事が完成するための時間を要することになる。その理由は、催促に対応する、経過を何度も報告する、書類を何回も読み返す、何回も同じ思考を繰り返す、人に説明する項目が増える、時間がだいぶ経っているために、簡単な報告が心理的にし難くなり、必要以上に詳細な(手の込んだ)報告をしてしまう、等。先延ばしをぜずに、すぐアクションを起こすことで何時間も得をするにもかかわらず、先延ばしがなくならないのは何故なのか。
 不必要な時間を削除するためには、「どういう時に先延ばしをする傾向があるのか」「どんな時に行動を起こすのを恐れるのか」「何故避けるのか」を自問することが第一歩となる。
 先延ばしの三大要因は、「批判に対する恐れ」「失敗に対する恐れ」「退屈さを味わうことへの恐れ」である。
 最後の「退屈さへの恐れ」が実は最も多く、最もたちが悪い。もっと面白いことをしたいから、また退屈なのは嫌だから、という理由で何かをすることを避けようとする。気をつけないと、この種の先延ばしは留まるところなく膨らんでいく。
 これら三つに共通しているのは、恐れが不快感をもたらしているという点である。不快の回避は、快の追及とともに動機付けの二大要因となる。
 では先延ばしをしないようにするのは、次のように自問してみることが有効である。
「先延ばしをしている事柄について、これから一年間、先延ばしを続けた場合、精神面、経済面、人間関係面などで、どういった影響が出るか」
「逆に、少しずつでも行動を起こしたら、精神面、経済面、人間関係面などで、どういった影響が出るか」
 先延ばしをした場合と、なんらかの行動を起こした場合の差を肝に銘じておけば、行動を起こすのに必要な意欲が生まれる。
 すぐ何らかの行動を起こすこと、これが時間を有効活用するための最も重要な、また最も効果のある、実はそれほど難しくはない、でも多くの人が出来ていない方法である。

(三つ目)
「意欲的に仕事をする」

 集中力を増して仕事を早く終わらせる(=意欲的に仕事をする)ためには、そのための動機付けが必要である。例えば、仕事を早く終わらせて、余った時間で目標の実現のための勉強を行うなどは有効な動機付けとなる。
 また、動機付けの他に、少し抽象的になるが、何かをはじめる前に自分で意欲を計測(どのような意欲がいるかを判断)してみることも意欲的に仕事をする助けとなる。例えば、どれくらい頭を使うか、どれくらいの集中力を要することか、成し遂げるためにはどれくらいの熱意が必要か、精神的に最高の状態でなければならないか、あるいは80%の意欲で足りるか、等。

<3>「家にいる時間」を有効活用する一つの提案は、「一日五分、自分が成し遂げたい目標に向けて取り組む」ことである。

 目標が明確になったら、一日五分、自分が成し遂げたい目標に取り組む」ことを習慣にしたい。五分は「忙しくて出来ない」と自分に言い訳してしまう範囲外の時間である。実際には、一旦取り組み始めると、気分が乗ってきて五分以上行うことが多い。要は取り組み始めるか否か、が大きな分かれ道になる。この五分の習慣化は、確実に自分の力をアップさせる。
 これは大いに実践する価値がある。

<4>おまけ。会議を効率的にする三つのヒント。

 一つ目は、会議の時間。
 会議の長さは一時間半以内におさえること。それ以上では効率も生産性も低下する。
 二つ目は、議題表を作ること。
 会議の前々日に、出席者全員へ配る。会議のテーマと目的(情報伝達か、決議か、その両方か)、テーマに割り当てられる時間、テーマの担当者を記す。この議題量がないと、各々が準備をしないで会議に臨むこととなり、建設的な意見が出ず、単なる座談会で終わることが多い。そして何のための会議かわからず、結論が出ない、つまり時間の無駄使いだった、となる。
 三つ目は、予定の開始時間と終了時間を守って、予定した議題だけを取り上げること。
 予定の時間に終わらなかった場合は、すみやかに日程を調整して、そのテーマの決着を後日に回すこと。最初のうちは、なかなか会議を段取り通り進められないかもしれないが、主催者が段取りを守ろうとすれば、出席者も時間内に終われるよう要点に的を絞った発表や話し合いを心がけるようになる。
Melville ピノ・ノワール
ワイナリー:Melville Winery
種類:Pinot Noir
年:2007
地域:アメリカ/カリフォルニア/Lompoc
価格:32ドル
再購入:する

p80511

 今まで、美味しいピノ・ノワールは力強い美味しさを追求するタイプと、上品さを前面に出した美味しさを追求するタイプに分けられる、と思っていました。
 Melvilleは力強さと上品さを両立させたピノ・ノワールで、不思議な感動がありました。はじめて出会ったタイプで、一目惚れしてしまい、いつもは飲み終わって、しばらくしてからワインノートへ記録するのですが、待ちきれず、今、Melvilleを飲みながらこの記事を書いています。
 明日も引き続き飲むことになりますが、その時々によって、感じる味は微妙に違います。ひょっとしたら
「あれ、そんなに感動するほどかな」
と思うかもしれないのですが、今の想いを大事にしたいので、仮にそう思ったとしても、今書いている文章は変更せずに、そのまま残すつもりです。
 明日も、同じ想いでありますように。

 楽天市場のウェブサイトより解説を下記に引用します。
melville.photo

「カリフォルニアのスーパースター」「21世紀の注目すべき醸造家」、素晴らしきワインを生み出す、今、最も注目される天才ワインメーカー、グレッグ・ブリュワー氏が手掛ける、現地取り合いのプレミアム。
 アメリカの有名2大誌からラブコールを送られるグレッグ・ブリュワー氏は、現地では全量が予約で完売する五つ星ワイナリーである、あの『ブリュワー・クリフトン』のオーナーのひとりとしても有名な、今最も注目を浴びる天才醸造家のひとりです。
 『メルヴィル』はそんな渦中の彼が手掛ける代表作の一つであり、主力となるワインは$20~$30台と比較的お手ごろにも拘らず、その造りは「(価格より)1ランクも2ランクも上の味わい」の見事なもの。これにメディアの目が向いたことが加わり、現在現地でも高い人気を誇るプレミアム・ブランドとして知られています。
 メルヴィルの成功に、グレッグ・ブリュワー氏の貢献が大きいことは勿論ですが、オーナーのロン・メルヴィル氏の存在も忘れてはいけません。学生時代からワイン・コレクターだったロン・メルヴィル氏は、父の影響で栽培学に興味を持ち、いつかは自らの葡萄園を構えたいと望んでいました。証券取引で成功を収めて十分な資金を得ると、(今でこそメルヴィルはサンタバーバラ>サンタリタヒルズの雄ですが)当初はナイツ・ヴァレーに畑を購入し、ソノマにてグロウワーとしてのキャリアをスタートさせました。
 ブドウ栽培への強い愛情・熱意と猛勉強の甲斐あり、彼がソノマで育てたシャルドネ、メルロー、カベルネは素晴らしいものになり、これらは『ガイザー・ピーク』 『ドライ・クリーク』 『シャトー・セント・ジーン』らを供給先に抱えるまでになります。しかしブルゴーニュ品種への強い熱意が彼をピノ・ノワール種に走らせます。彼は1996年、ソノマと対をなすカリ・ピノの聖地サンタバーバラ内の、当時まだAVA認定されていなかったサンタ・リタ・ヒルズ(2001年にAVA認定)に82エーカーの畑を購入。14種もの異なったクローンのピノ、そして6種のシャルドネを植え、メルヴィルをスタートさせたのです。さらに今亡き天才ソムリエにして『ボナコルシ・ワイン・カンパニー』のオーナーであったマイク・ボナコルシ氏などの協力もあり、そこへシラー、ヴィオニエというローヌ系品種が加わることとなりました。
 ワインメーカーにグレッグ・ブリュワー氏を迎え入れ、以降の活躍は既に周知のとおり。サンタバーバラを代表し、サンタ・リタ・ヒルズAVA設立に大きく貢献した造り手であるとともに、メルヴィルのお手頃ながらもすこぶる品質のたかい各ワインはいずれもクラス屈指の人気作であります。

『メルヴィル ピノノワール "エステート"2005』はパーカー90点を獲得。
 元グロウワーのロン氏、そして葡萄の持ち味をそのままワインに表現させるグレッグ氏の作とあって、カリフォルニアにありがちな過度な熟成感や凝縮感で胸焼けするようなこともなければ、若いピノにありがちなトゲだけを感じる酸味に舌を悩ませられることもなく、15.4%のアルコールを感じさせません。100%メルヴィルのサンタ・リタ・ヒルズ自社畑産葡萄を使用。14種という多岐にわたるクローンを集大成させたピノです。1エーカーあたり1,815本と重さではなく葡萄樹の本数で徹底管理された中から、手積みで収穫された100を超える異なるロットからさらに選別してセレクト。
 磨かれた品と凝縮感を持ち合わせ、赤~黒の果実の旨みにスパイスのアロマも。大地からのミネラルは口当たりのスムースさの中にも輝きを放ちます。

Melville Winery
5185 E.Highway 246, Lompoc, CA 93436
Phone 805-735-7030
www.melvillewinery.com
民宿Non Non
 2~3年ほど前にシェルビービル近郊にオープンした日本民宿『Non Non』へ遊びに行きました。
 宿泊部屋は三つ。三家族で行くと貸切になるので、周りを気にしないでゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。お酒(持ち込み可能)を楽しく飲んで、その場で布団に入れるというのも嬉しいですね。

nn1

 ご主人の手作りというログハウス風の建物。
nn2

nn3

nn4

nn5

 こちらで夕食を頂きます。
nn6

 裏のガーデンから見る建屋。
nn7

nn8

 ルーム1。
nn9

nn91

 ルーム2
nn92

nn93

 外から見たルーム2。
nn94

 ルーム3
nn95

nn96

 夕食を頂きます。
nn49

nn48

nn54

nn55

nn59

nn50

nn62

 そして朝食。
nn62

 のんびりと過ごしたくなったら、また訪れようと思います。

Non Non
Japanese Style Bed & Breakfast with Hot tub
171 Loop Road, Wartrace, TN 37183
Phone 931-389-9776
Barefoot カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイナリー:Barefoot
種類:Cabernet Sauvignon
年:2005
地域:アメリカ/カリフォルニア/Modesto
価格:11ドル(1.5リットル)
再購入:する

d1908
 低価格で美味しいテーブルワイン。
「2005年以来、20以上もの賞を獲得」とラベル表示されていますが、飲んでみると納得します。
 メルロー、スパークリングに続き3種類目のトライですが、今のところ外れがありません。
 この価格帯で当ると嬉しいですね。