2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
葉月(8月)のダイエット総括
 標記の件、下記にて報告申し上げます。

<計画>
12/31/08 64.8kg 体脂肪率17.0%
 1/31/09 67.0kg 息抜き期間として揚げ物、甘味の制限を解除
 2/28/09 66.0kg 
 3/31/09 65.0kg
 4/30/09 64.0kg      体脂肪率16.5%
 5/31/09 63.5kg      体脂肪率16.0%
 6/30/09 63.0kg      体脂肪率15.5%
 7/31/09 62.5kg      体脂肪率15.0%
 8/31/09 62.0kg      体脂肪率14.5%
 9/30/09 61.5kg      体脂肪率14.0%
10/31/09 61.0kg      体脂肪率13.5%
11/30/09 60.5kg      体脂肪率13.0%
12/31/09 60.0kg      体脂肪率12.5%

サブ目標
月間1,000回、年間12,000回の腹筋運動

<実績>
 1/31/09 66.8kg 達成
 2/28/09 66.0kg 達成
 3/31/09 67.4kg 未達成
 4/30/09 65.4kg 未達成 体脂肪率16.0% 達成
 5/22/09 65.0kg 未達成 体脂肪率16.0% 達成
 6/30/09 65.2kg 未達成 体脂肪率16.0% 未達成
 7/31/09 68.6kg 未達成 体脂肪率18.5% 未達成
 8/31/09 69.4kg 実達成 体脂肪率18.5% 未達成
  ***計画数値との差異 7.4kg

サブ目標
腹筋運動(同月)  1,020回 達成
腹筋運動(累計) 13,160回

以上
「甲州」という種の葡萄で造られたワイン
 日経ビジネス(日経BP社)に甲州ワインの記事が掲載されていました。山梨県甲州市に中央葡萄酒というワイナリーがあるそうです。
p11716

ワイン名称:グレイス甲州
ワイナリー:中央葡萄酒
種類:甲州
年:2008
地域:日本 / 山梨県 / 甲州市
価格:?

p11717

「日本食ブームの今こそ世界に通用するブランドを生み出す。それには国産品種の甲州の知名度を世界で上げるしかない」
「日本のワイナリーの醸造技術は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネといった世界で標準的に使われる品種では、本場と遜色ないワインを造れるところまできた」
「著名なワイン評論家のロバート・パーカー氏が中央葡萄酒の甲州ワインに87~88点という高得点をつけた」
「甲州ワインの特徴は、爽やかでドライなこと」
「しっかりした味の外来種を使ったワインは個性が強く、繊細な料理には合いにくいという意見も多い。甲州ワインなら繊細な味わいを持つ日本食のおいしさを打ち消すことなく引き立てられる」

 日本のワインはほとんど飲んだことがありません。このワインは是非とも飲んでみたいですね。
 帰国後の楽しみが出来ました。
家の近所のガソリンスタンドで・・・
 セルフサービス洗車をするために、前の車に続いて待っていたところ、その車の運転手のクレジットカードは機械に認識されないようで、カードを機械に入れては戻ってきて、それを何回も繰り返していました。結構長いことやっていたので、車の中で
「何回やったって一緒やんか、次の人が待ってるんだからさっさと行ったらええのに。なぁ」
と結構ガラの悪い口調で家内に同意を求めていました。
 しばらくすると男はついには諦め、車から降りてきました。

男:(日本語で)「日本人ですか?」
私:(日本語で)「はい日本人です」
男:(日本語で)「カードがおかしいみたい。ちょっと待っててくださいね」

 片言の日本語というよりも、明らかに日本語を話せる外国人の発音です。体もゴツいし米軍に属して日本に駐屯していた経験があるのかなあ、と家内と話していました。
 男は店から出てきて
「ゴメンなさいね」
といいながら近寄ってきます。
 どっかで見たことがある顔だなあ、誰だっけなあ、と2~3秒ほど考えてすぐわかりました。

「デストラーデさん?」
「(ニコニコして)そうそう、デストラーデです」

 デストラーデといえば、元西武ライオンズを優勝に導いたスラッガーで、3度パ・リーグのホームラン王にも輝いた選手です。野球選手に「さん」付けしたのは初めての経験でした。
 日本でプレーしたのは1989年からで、この年は巨人が近鉄を倒して日本一になりました。私は当時、野球に熱をあげていて、大の巨人ファン。森監督率いる強すぎる西武が宿敵でした。

「洗車終わるのまっていますよ」
とデストラーデは洗車機に戻っていきます。すぐ家内にノートとサインペン、インスタントカメラを買いに行ってもらいました。

 洗車後。
デ:「私のことよくわかりましたね」
私:「もちろんわかります。デストラーデさんが日本にいた頃、僕は高校生で、野球が大好きだったんです」
デ:「西武は好き?」
私:「巨人ファンです。デストラーデさんに打たれたから日本一になれなかったんです」
デ:「槙原さんね」
私:「いきなりスリーランでしたよね」
デ:「よく覚えてるね。そこまで覚えてくれている人いないよ」
私:「覚えていますよ。斉藤さんも打たれましたし巨人は4連敗でしたから」
デ:「じゃあ一緒にガッツポーズしましょうか」

 と写したのがこの写真。
od392

 デストラーデが抱き上げようとしたら息子は大泣き。そう言えば一週間前にアンティークショップで、息子を肩車して熊の剥製に近寄って行ったら、怖い、と大泣きしていました。
od391

 デストラーデのサイン色紙。
p11748

 ESPNのBaseball Tonightで解説をしていて、野球シーズンには各地へ出張するとのこと。フランクリン在住。この色紙持ち歩いているんですね。
 それにしても日本語が上手いので驚きました。家内の話し方を聞いて
「大阪の人ですか。大阪弁でしょう。清原さんと同じだね」
と言うほどのレベルでした。
 まさかデストラーデが家の近所に住んでいたとは、そして出会うとは思いもしませんでした。
 西武は宿敵でしたが、ちょっと距離が近くなったような気がしました。

<オレステス・デストラーデの1989~1992年の成績>
1989年 .257 32本  81打点
1990年 .263 42本 106打点
1991年 .268 39本  92打点
1992年 .266 41本  87打点
*1990年~1992年まで3年連続本塁打王。
Yellow Tail シラー
ワイナリー:Yellow Tail
種類:Shiraz
年:2007
地域:オーストラリア/South Eastern Australia
価格:9ドル
再購入:する

d2139

 カンガルーのマークでお馴染みのイエローテイル。どこでも売っているのですが、同ワイナリーのシラーを買ったのは初めてです。
 日本でも安く売っている=日本へ帰っても手頃なテーブルワインを楽しめる、のが嬉しいですね。 
玉山国家公園 in 台湾
 ちょっと前の話です。
 とある週末、仲間と台湾の玉山国家公園へ遊びに行きました。
 高雄を出発して東へ一時間ほど走ると、川沿いのルートに出会います。
p11395

 この辺りではラフティング(ゴムボートを使った川下り)が行われているとのこと。前日の雨の影響か、川の水はグレー色の濁流になっていました。
p11394

 カヌーをする人は川を見ると不思議と命の躍動を感じるんですね。
 流れの速さ、瀬の長さ、落ち込み具合、波の高さ、障害物の位置を目で追っていきます。ざっと見た感じ、カヌーで下る場合、かなり手こずりそうな流れのようです。私の実力ではちょっと無理かな。クラス4といったところでしょうか。

 川から離れ、徐々に高度を上げていきます。
 そして台湾南部を横断する「南部横貫公路」へ。

 玉山国家公園の入口。
p11400

 玉山は台湾で最高峰を誇ります。ピークの標高は富士山(3776m)よりも高い3952m。
 今回の旅では本格的に山に入る準備もしていないので、玉山への登頂は行いません。それでも少し山の中に入り、遠くからでも玉山の雄姿を一目見たいなあ、という想いでここへやってきたのです。

 南部横貫公路を東へ向かって進みます。
 この辺りは標高2000m弱くらい。
p11425

p11428

 標高2280mの天池駐車場。
p11423

 ここで車を置き、山の中を散策します。
 台南は気温30度を越える猛烈な暑さでしたが、この辺りまで上がってくると20度弱。歩いていると汗が噴き出してきますが、それでも快適に歩を進めることが出来ます。
 幻想的な緑色の天池を越え、しばらく登山道を進むと、玉山方面を指す道標を発見しました。
 写真中央、ちょうど雲の中に玉山のピークがあります。
p11417

 雲の切れ間が現れるのをしばらく待っていましたが、残念ながら今回は玉山の頂を眺めることは出来ず、またの機会のお楽しみとなりました。
 駐車場へ下山後、南部横貫公路をさらに東へ進み、同公路の最高標高地点(2722m)へ。
p11411

 小雨がパラつき、白いモヤがかかって、景観は望めず。ここで折り返し、もと来た道を戻ることにしました。
 街に下りてくると、再び猛暑の中へ。たまらずカキ氷屋さんで休憩します。
p11430

 小豆(?)ミルクカキ氷(70円)で体を冷やしてから、この日の宿泊地である台南へ向かいました。
 玉山へ登頂しようとすれば、移動日や予備日を入れて一週間ほど時間が必要になります。また役所に届け出て、現地登山ガイドに同行してもらう必要があるそうです。どうやら台湾に住まない限り登頂は難しそうだなあ。

 玉山東峰(左・3869m)と玉山主峰(右・3952m)
tamayamataiwan
(ウィキペディアより引用)