2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
霜月(11月)のダイエット総括
11/30/09 69.2kg 未達成 体脂肪率18.0% 未達成
  ***計画数値との差異 8.7kg

 ジム通いが出来る環境になったので今年の追い込みを始めます。
上海蟹料理2
 前日に引き続き、2日目の晩も上海蟹料理を食べに行きました。タイミングというのはなかなか難しいので、「旬」と聞けば、ここぞとばかり徹底的に追及したくなるんですね。

 なかなかお洒落な冷菜が出てきました。チャーシューwith卵の黄身、ホウレン草の湯葉包み、と海老ワンタン。
p1110168

 フカヒレと細切り鶏肉の姿煮。
p1110169

 蟹みそ豆腐料理。
p1110173

 蟹みそ入り鳥手羽先の揚げ物。
p1110170

 中身はこんな風になっています。
p1110171

 上海蟹の姿蒸し。今回は雄です。
p1110175

 店員さんが目の前できれいに解体してくれます。甲羅に取り分けられたみそ。
p1110176

 爪、足は食べやすいように工夫して剥かれています。黒酢につけて頂きます。
p1110179

 旬の野菜の炒め物。
p1110181

 蟹みそかけチャーハン。次はコース料理ではなく、蟹みそチャーハンだけをお腹いっぱいになるまで食べたい。
p1110182

 蟹みそ入りショーロンポー。
p1110186

 杏仁豆腐と旬のフルーツが付いて約5千円。前日も美味しいコース料理を頂きましたが、こちらの方が味も店の雰囲気も、ちょっとランクが上という感じでした。
 色々話には聞いていた上海蟹、初めてどのようなものかわかったような気がします。

 ウィキペディアで、「蟹」という漢字の由来にまつわる面白いエピソードを見つけましたのでここに引用します。
『数千年前に、漢族の祖先が江南地方に定住し、稲を植え、漁労をして、徐々に豊かな土地を切り開いた。しかし、江南地方は土地が低いため、いったん雨が降れば水害が起きやすく、しかもこのあたりには、2本のはさみと8本の足を持つ虫がいて、水田に入り込んで、稲を喰ったり、はさみで人を傷つけたりしたので、人々は「夾人虫」(きょうじんちゅう)と呼んで、まるで虎や狼のように恐れていた。
 夏王朝を建てたと言われる、治水に秀でた大禹(だいう)は、巴解(はかい)という勇猛な男を陽澄湖に派遣して、河口に通ずる水路の工事を命じた。工事が始まり、夜に火を焚くと、これを見た「夾人虫」の大集団が泡を吹きながら集まってきて、工事にやってきた作業員達を襲い、血生臭い戦いが一晩続いた。朝になって、「夾人虫」はやっと水中に撤退したが、多くの作業員が殺されてしまった。
 「夾人虫」がいると工事ができない事に困った巴解は、思惑を巡らした結果、一計を案じ、堀を巡らせた城を築き、堀には湯を入れた上で、夜に火を焚いた。「夾人虫」はまた集団でやってきたが、思惑通り湯の入った堀に落ちて死んだ。次から次にやってくる「夾人虫」を相手に、どんどん堀に湯を足して殺してゆくと、赤い色に変わった「夾人虫」は、甲羅を開いて、いい香りになった。これを見た巴解が手にとって食べてみると、おいしかったので、他の仲間にも食べるように薦めた。こうして、「夾人虫」を退治する方法を考えた巴解は、勇猛な男とあがめられ、「夾人虫」は「巴解」の足元にいる虫という意味で「蟹」と呼ばれるようになった。また、この街は、巴城と呼ばれるようになった。巴城は、現在では昆山と呼ばれている。
 なお、煮殺したという話の外に、湖の周りの草を焼き払って、焼き殺したという話もある』
上海蟹料理1
 10月に上海を訪れました。
 夕食を何するか悩んでいたところ、
「今から12月まで上海蟹の季節だよ」
と仲間が言うので、では行こう、と迷うことなく蟹料理専門店へ向かいました。

『上海蟹の旬は、「九圓十尖」という言葉で言い表されている。これは、太陰暦(旧暦)の9月には腹が丸い雌蟹がおいしく、10月には尖った雄蟹がおいしい事を言っている。太陽暦ではほぼ一ヶ月ずれるので、10月は雌の、11月は雄の旬である。10月ごろは雌が甲羅の中にオレンジ色の内子(中国語 蟹黄 xièhuáng)を持っており、これがほくほくしてうまい。また、陽澄湖の周辺では「西風響、蟹脚癢」という諺があり、冬の西風が吹いてくると、雄蟹の脚がむずむずする(動きが活発になる)という。これは生殖時期の到来を言っており、雄の味噌(中国語 蟹膏 xiègāo、膏脂 gāozhī)と肉がうまくなる時期でもある。(ウィキペディアより引用)』

 前菜の盛り合わせの後に出てきたのが、蟹爪肉の蒸し物。
p1110121

 アスパラと蟹足肉の炒め物。
p1110123

 蟹身と蟹みそ炒め。
p1110124

 春雨と蟹白子添え。
p1110128

 蟹みそ豆腐。
p1110125

 上海蟹(一匹)。
 大きさがわかるようにボールペンを置いてみました。お腹の形でメスとわかるそうです。
p1110132

 鮭の身のようなオレンジ色の部分が卵です。
p1110134

 蟹みそ焼きそば&蟹ワンタン。
p1110136

 ここに季節のフルーツが付いて約3千円。
 上海蟹をまともに食べたのは今回が初めてです。みそが美味しく、中華の料理法によく合いますね。
 翌日は、別の蟹料理専門店へ行きました。改めてレポートします。
クリスマスモード
 サンクスギビングデーから一夜明け、セールをやっているというので近所のショッピングモールへ遊びに行きました。
 アメリカではサンクスギビングを過ぎると完全にクリスマスモードに入ります。どこもかしこもクリスマス色にデコレートされていました。
p1110908

p1110916

p1110912

p1110914

p1110916

 おまけ。
p1110907

 クリスマスプレゼントをそろそろ考えようかな。
サンクスギビングデーのパーティー
 今日はサンクスギビングデー。日曜日まで4連休になります。日本へ帰任する友人を招いて送別たこ焼きパーティーをしました。
 たこ焼きになると私の出る幕はありません。大阪で生まれ育った家内に全てを託します。
p1110890

 たこ焼き以外を担当することになり、サラダとチャーハンを作ることにしました。
 サラダの具材には、トマト、マッシュルーム、サンクスギビングなのでターキー、白豆、洋ナシ、豆腐、前日に作っておいた味付き卵を使います。
p1110878

 アクセントにはパスタサラダの応用で中華三昧を使用。ゴマソースはドレッシングの一部として使います。チキンラーメンは最後の振りかけ用。
p1110883

 ベイビースピナッチと菜っ葉(インスタントミックス)に具材を載せていけば出来上がり。
p1110886

 次はチャーハン。具材はベーコン、レッドオニオン、マッシュルーム、レタス、卵を使います。
p1110882

 前日にダイエット番組を見ていたらオニオン、マッシュルームをうまく使ったヘルシーメニューが紹介されていたので、チャーハンに応用してみました。お笑い芸人、村上知子さんの料理はとても参考になります。
p1110901

 レタスは2/3をご飯と一緒に炒めて、残りの1/3は炒め終わったチャーハンとかき混ぜます。これでレタスのシャキシャキ感も生かすことが出来るんですね。
p1110885

 サラダ用の余り具材を載せて出来上がり。
p1110877

 一人、また一人と友人が帰任していきます。今まで何人見送ってきたかな。寂しくなりますが、また日本で会える日が楽しみです。