2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
Sequana Sarmento Vineyards ピノ・ノワール
ワイナリー:Sequana Vineyards
種類:ピノ・ノワール
年:2007
地域:アメリカ/カリフォルニア/Santa Lucia
価格:33ドル
再購入:する

1140269
(同ワイナリーのウェブサイトより引用)

ワイン・スペクテータが選ぶ2009年トップ100の第12位、92点、という表示を見て購入しました。
しっかりとした感じのピノ・ノワールでとても美味しく、価格以上に満足感のある一本でした。
これから値段が上がっていくような気がします。

http://www.sequanavineyards.com/
台湾の食
これまでにも何回か食べた鍋料理。これは台湾料理というよりも、中国東北地方の料理です。
1150503

こちらは台湾独特のつけ合わせ。
1150501

5月終わり~7月が台湾マンゴの最も美味しい季節です。せっかくだから、と友人が差し入れてくれました。ホテルで朝食として頂きます。
1150563

おまけ。
桃園空港近くのホリデーイン・エクスプレスのバスルーム(12階)。
1150564

街を眺めながらの朝風呂はなかなか気持ちよかったです。
二日目の朝
パリに住むランナーのYoshiさん http://miscyoshi.blog87.fc2.com/ の影響で、自分も旅先でジョギングしようかなあ、と思うようになりました。

台湾初日は湖畔を3週、約10kmほどラン。
二日目の朝は、毎度のことながら、時差ボケの影響で4時に目が覚めましたので、カタカタとちょっとやることを済ませてからジョギングに出かけました。

1150542

1150546

1150547

1150549

1150550 hasu00000001

1150557

1150552

1150560

1150561

朝の湖畔は夕刻のそれとはまた別の顔を持っているんですね。
2週ジョギングして終了。頭をすっきりさせて、この日の活動に臨みました。
蓮池潭(高雄 in 台湾)
高雄に有名な観光地となっている蓮池潭という湖があります。
この湖のほとりに数年前に建てられた、比較的に新しくて綺麗なホテルが、邦貨に換算して一泊約6千円で利用出来るというので今回の旅の宿とすることにしました。

ホテルの11階から蓮池潭を望みます。
1150498

夕方6時過ぎにホテルにチェックインした後、蓮池潭へ散歩&ジョギングに出かけました。
湖を一周すると約3.5km。これを毎日(は無理か、、、)2~3週歩いたり走ったりすれば、旅の間に少々食べ過ぎてもカロリー摂取とのバランスを保てるでしょう。

逆光のために暗く写っていますが、この時期の6時半は、まだまだ明るい。
1150509

この塔は蓮池潭のシンボル的存在です。
1150512

最も良い動物とされている龍の口から入って、最も悪い動物とされている虎の口から出れば、災い無くいい生活が送れる、と言い伝えられているそうです。
1150513

湖の全長は1.4kmあります。
1150515

湖畔には30以上のお寺があるとか。
1150517

1150518

1150519

1150521

湖の名前にもなっている蓮。湖の英語名はLotus Pondです。
1150522

1150525

1150526

1150528

2週目です。完全に夜になりました。
1150532

1150534

1150540

3週を終えたところで、若干、膝の張りを覚えたのでホテルへ戻ります。
夕食は野菜を中心に腹八部目、お酒は飲まずに健康的に台湾初日を終えました。
コルベット博物館
ケンタッキー州ボーリンググリーン市(I-65、Exit28)にあるコルベット博物館 http://www.corvettemuseum.com/ を訪れました。

1130627

同博物館の近所にあるGMの完成車工場では実際のコルベットが生産されていて、希望すれば見学できるそうです。

博物館ではコルベット誕生から現在に至る栄光の歴史をシアターで観た後、再現された約60年前の街に当時のコルベットが走る様子や、コルベットの構造がよくわかる分解車、事故対策としての安全テストの様子、そして歴代のコルベットがずらりと展示されている格納庫等を見学することが出来ます。

1130592

1130593

1130603

1130605

1130616

1130622

車好きの人やコルベットのファンにはたまらない場所なのでしょう。
アメリカの代表的な文化の側面を垣間見て、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。