2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
江戸城無血開城
敬老の日に98歳の祖母に会いに東京へ。
合わせて、三年生の長男と奥さんはまだ言葉を発しない頃から一緒に遊んでいた友人に会いに上野へ、年中の次男と自分は勝海舟ゆかりの地に社会科見学へ出かけました。

昨年は勝海舟が生まれた場所(両国)を訪れましたが、今年は江戸城無血開城に向けて勝海舟と西郷隆盛が交渉を行った薩摩藩邸跡地(JR田町駅から徒歩3分)へ。
435333
436333

江戸城無血開城について易しく教えてあげたつもりですが、年中の男の子にはピンと来ていない様子、、、

ここから
「勝海舟もここを歩いたんだよ」
と言いながら、江戸城(皇居)を目指して歩を進めます。

「東京タワーに行ってアイス食べようか」
と言いながらテンションを保ち、徳川将軍の廟所がある増上寺へ。
447333

こちらは14代将軍家茂と和宮の墓。
「ねぇパパ、早く行こう~」
453333

東京タワーでは、次男の希望で地上150mにある展望台まで階段(600段)で登ります。
未来の日本にこんな建物が出来ると勝海舟が想像したかどうか。
461333
471333
468333

展望台から。
増上寺の向こうにレインボーブリッジを望みます。
469333

600段を下り、無血開城された場所を目指します。
霞が関を通り、桜田門へ。
480333

1860年、井伊直弼が切られたのがこの辺りです。
481333

二重橋。
「勝海舟がいなかったら、ぜ~んぶ爆弾で燃えていたんだよ」
482333

5歳になったのでそろそろ記憶に残る頃だと思いますが、ちょくちょく写真を見せながらお話してあげたいな。
483333
ほぼ皆が唸る一品@大阪
『土山人(天満橋京阪モール8階)』の粗挽き「田舎せいろ」
このお蕎麦は麺つゆ(も美味しいのですが)で食べるのが勿体ない。
塩を軽く振って食べると蕎麦の風味が口の中で無限に広がります。
自分が食べた蕎麦ではここが頂点。
出汁巻き卵、焼き味噌(熱した石ベットに乗った蕎麦の身入り焼き味噌)にも唸った友人多数。
0322001

『麒麟閣』の「杏仁豆腐」
杏仁豆腐の概念が覆された一品です。
カラメルソースとの相性が絶妙。
0327001
大阪プチ食べ歩き
たこ焼き『わなか』
千日前が本店?だと思いますが、谷町四丁目のタコカフェにて。
4071001

自分の一番のおすすめは「塩」。
外側のカリカリ感がいかされるのと、たこ焼きそのものの味わいが引き立つのがいい。
その他、基本の「ソース」、ちょっとイタリアンな「ジェノベーゼ」をオーダーしました。
402001

阿波座に移動して手造り豚まん専門店へ。
これは美味い。
410001

デザートに手造り豚まん専門店に隣接しているドーナツ屋さんで、揚げたてを頂きます。
4131001
4141001

この界隈、色々あって面白いです。
鳥取市を訪れました
鳥取を訪問する前に色々と調べていたら、「鳥を取る」ことから鳥取と名付けられたと知りました。

「鳥取は湿地帯であり、水辺に集まる鳥をとらえて暮らす狩猟民族が住んでいて、大和政権成立以後、彼ら狩猟民族は”鳥取部”として従属した」とのこと。

鳥取駅前。
写真中央に見える山一帯は鳥取城跡です。
419001

「鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にある日本の城(山城跡)である。国の史跡に指定されている。
久松山城ともいわれ、中世城郭として成立、戦国時代には織田信長の家臣であった羽柴秀吉と毛利軍との戦いの舞台(中国攻め・鳥取城の兵糧攻め)となる。江戸時代には鳥取藩池田氏の治下に入り近世城郭に整備された。現在は天守台、復元城門、石垣、堀、井戸等を残すのみとなっている。(ウィキペディアより引用)」

鳥取名産品を楽しみながら大阪に帰りました。
420001