2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
童門冬二著『異才の改革者 渡辺崋山』
童門冬二著
『異才の改革者 渡辺崋山』
(PHP研究所)
watakazaphp

幕末に活躍した人物の中でも、ひときわ異彩を放つ渡辺崋山。
「遠近法」を取り入れて、日本美術史に新境地を開拓した画家として有名な彼だが、実はれっきとした大名家の家老である。
1万2千石の小藩ながら、東海の田原藩の経営再建に尽力し、農政家を招いて領民の生活安定に心を砕き続けた。その手腕は、天保の大飢饉でも領民に餓死者を出さず、幕府から唯一表彰を受けたことからも分かる。
崋山の才能は、それだけに止まらない。江戸藩邸では、高野長英や小関三英など、蘭学者との交流を通じて西洋の新知識まで蓄えた。まさに多才にして「異才の改革者」だったのである。更にその視野は日本を越えて世界にまで向けられたが、幕府の海防政策を批判した容疑で「蛮社の獄」に連座し、49歳で自刃に追い込まれてしまう。
幕末初期の改革者だった崋山は、いかに守旧派と闘い、自らの信念を貫き通したのか? 
時代の先駆者の生涯に学ぶ一冊。
(PHP研究所ホームページより)

昔、茨城県古河市を訪れた際、歴史博物館で、この地の英雄である鷹見泉石(古河藩家老、1785~1858)に関する資料を見学しました。
takasenkoga

この鷹見泉石を描いたのが渡辺崋山です。
そして、鷹見泉石に鎮められたのが大塩平八郎(1837年、大塩平八郎の乱@大坂)。

大塩平八郎終焉の地は、時々夜の散歩をしている場所です。
oshioosakawatakaza2
oshioosakawatakaza

渡辺崋山と大塩平八郎はともに佐藤一斎という人の門人で接点があったようです。
本を読んで歴史状の人物同士がつながってくると楽しくなってきますね。

先日、アメリカ支社の米人が来日。
3次会までテキーラを飲みながら楽しく過ごして、みっちり英会話をしましたが、思っていた以上に言葉が出ず、自分を戒める意味を込めて、帰宅後に腹筋100回の体罰を課しました。
・・・ということで、読書の時間を少し削り、英語学習に軸足を移そうか、と考えています。
両方やれや、という話ですが。