2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
有名どころのウィスキー
今、焼酎を飲みながらこの記事を書いています。
結構飲んでいるので、大分、大雑把になっています。
ということで、有名どころのウィスキーをまとめてアップ。
0001000101
1006405406
1006443706
Joseph Phelps Insignia カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイン名称:Joseph Phelps Insignia
ワイナリー:Joseph Phelps Vineyards
種類:カベルネ・ソーヴィニョン84%、プティ・ヴェルド10%
    メルロー3%、マルベック3%
年:2001
地域:アメリカ/カリフォルニア/ナパバレー
価格:200ドル
387675

ワインパーティー10本目。

この日のトリを飾るワインは、Joseph Phelpsの最高峰を誇るインシグニア。
こちらはリチャードさんのセレクトです。
同ワインは『ワインスペクテータ』誌の2005年版において、「ワイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得。
Joseph Phelpsのカベルネを飲んでとても美味しかったので、いつの日かインシグニアを飲んでみたい、と思っていました。

10本目なので、結構酔いが回っているのですが、記憶に残そうと必死に脳を活性化?させます。
オーパスワンからは洗練された美しさを感じ、対してインシグニアはどっしりと太く、カベルネの力強さを有無を言わさず感じさせてくれるようなワインでした。

次に飲むのは何年先なのかな。
その時に、今回のコメントを読み返してみるつもり。

386565
Opus One カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイン名称:Opus One
ワイナリー:Opus One Winery
種類:カベルネ・ソーヴィニヨン81%、カベルネ・フラン9%、
   プティ・ヴェルド6%、メルロー3%、 マルベック1%
年:2009
地域:アメリカ/カリフォルニア/ナパバレー
価格:43,000円
387575

ワインパーティー10本目。

2002年、2003年、2004年、2005年に続いて今回の2009年で5つ目のビンテージ体験です。
言うまでもなく美味しい。
ナパバレーのワイナリーに行ってみたいです。

386565
Filsinger Special Reserve カベルネ・ソーヴィニヨン
ワイン名称:Filsinger Special Reserve
ワイナリー:Filsinger
種類:Cabernet Sauvignon
年:1997
地域:アメリカ/カリフォルニア/Temecula
価格:プライスレス(当時は20ドル)
387465

ワインパーティー9本目。
フィルシンガーは残念ながらワイナリーをやめてしまったので、これで生涯の飲み納めとなるでしょう。
リチャードさんがカリフォルニア在住時代に購入してから秘蔵していた最後の一本を出してくれました。
1997年ということは20年前ですね。

自分がフィルシンガーを初めて飲んだのは約10年前。
その時のメモがこちらです。

「濾過していない(アンフィルター)カベネで、とにかく“濃くドロっとした”感じです。コルクを空けると、そこについているワイン色素は他のカベネと比べて圧倒的に強い。
「洗練された」というよりは「野性的な」味わいでした。
クセになりそうで、また飲んでみたい一本です。」

テネシーではなかなか手に入らなかったので、上記の「また飲んでみたい」がこの日になりました。
一口一口、大事に頂き、とても感慨深い一本となりました。
絵の具のようなワイン、最高です。

386565
Balthvs(バルテュス) メルロー
ワイン名称:Balthvs(バルテュス)
ワイナリー:Ch. de Reignac(シャトー・ド・レイニャック)
種類:メルロー
年:2010
地域:フランス/ボルドー
価格:14,000円
387365

ワインパーティー8本目。

ボルドーのこだわりメルローのようです。
北田屋のウェブサイトより紹介。
「このワインが目指す所は間違いなく、ボルドーNO.1!それに向け試行錯誤した、オーナー「ヴァテロー氏」の魂の傑作と言えます。
新品の小樽で発酵後、もう1つ新品の小樽を使い熟成。すなわち新樽を2つも使います。土壌もペトリュースと全く同じで収穫量はたったの15hl/ha!1本の木からたったの2房しか葡萄を取りません。
今飲んでも濃くて、まろやかで、充分美味。濃縮したタンニンもありますがシルクのような口当りで嫌味がありません。良いワインはすぐ飲んでも20年後に飲んでも常に美味しいと言われますが、まさにその通りだと思えるワインです。
名前の由来は、息子バルタザール君とペトリュースを組み合わせています。又有名な画家「バルテュス」の絵も好きなのでこの名前に!
これだけの技と思いの詰ったワイン是非1度お試し下さい。とろりと濃縮した「葡萄果汁」の中にとっぷりと漬かれるような鮮烈な美味しさです。 」
(http://kitadaya.co.jp/html/page9.html)

386565