FC2ブログ
カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
伏見稲荷へお参りに行きました
年の瀬に伏見稲荷へ。
正月に行くと参拝者が多くて身動きが取れない、と聞いたので、それなら今いこうか、と思い立ちました。
2291171230

幕末に関連する史実はないかと調べていると、1863年の八月十八日の政変で下野した三条実美ら七卿うち五卿が1868年12月に伏見稲荷を参拝した(翌日、御所へ)、ということがわかりました。

有名な千本鳥居。
「本当に千本あるかどうか数えてみる」
2295171230
2304171230
2320171230

展望ポイントから15分ほど登ったところが山頂になります。
長男の報告によると「鳥居の数は2,581本」とのこと。
2311171230

下山後、いなり寿司が有名だというこちらで遅めの昼食を楽しみました。
2327171230
2325171230

こちらはウズラ。
屋台ではウズラやスズメの焼き鳥が並んでいました。
2323171230

(親子丼を注文した)長男「これウズラの親子丼なん?」
奥さん「ちゃうやろ、ウズラやったら卵何個あっても足りんやん」

ショッピングモールによってから生駒へ帰りました。
エディーバウアー(店員さん曰く「アメリカで最初にダウンをつくったのがエディーバウアー」)のいいロングダウンがあったのですが3万円だったので尻込みして買えず。
年越しして2万円くらいになったら考えようかな。
アウトドア活動総括2017
171230outdoor

ハイキングは目標の10回を達成できず寂しい結果に終わりました。
カヌーは未経験の川を二本(古座川、宇治川)漕げたこと、1年生の次男がカヌーツーリングデビュー(宇治川)できたことで満足のいく結果に。
来年はどんな活動をしようかな。
読書記録2017
171229dokusho

秋頃からヨーロッパ関連書籍を読み始めました。
来年もその関連の本を手にすることが多くなりそう。
幕末散策~三十三間堂・方広寺・八坂神社~
久しぶりに京都を訪問。

まずは三十三間堂へ。
ここを訪れたのは中学三年時の修学旅行以来、30年ぶり。
内部には鎌倉時代に造られた国宝がずらりと並んでいます。
2236171227

30年前は豊臣秀吉が造った遺構があったとは知りませんでした。
もちろん幕末の舞台になっていたことも。
中学生の頃は歴史に興味なかったのでね。
2235171227
2234171227
2238171227

幕末、この南大門と太閤塀の向こう側に土佐の志士が住んでいました。
1864年の池田屋騒動のあたりまで?
坂本龍馬もそこに出入りしていたそうです。
龍馬とおりょうはそこで出会ったとか。

2241171227
2242171227

三十三間堂の北側にある豊国神社
2245171227

家康を二つに切った、という意味があるという「国家安康」の文字が彫られた有名な方広寺の鐘がこちらです。
2250171227
2249171227

1863年、土佐藩出身の吉村寅太郎が公卿中山忠光らとここ方広寺に集まり天誅組を結成、倒幕のための挙兵を行いました。
天誅組の挙兵は、幕府に対する尊攘派の初めての武力蜂起という歴史的意義があります。
挙兵自体は短期間で失敗に終わったものの、幕府領支配の拠点がいくつも襲撃され、幕府の威信を失墜させる結果となりました。
また、八月一八日の政変では七卿、長州藩士が分宿。

方広寺から北へ向かい四条まで歩き八坂神社へ。
1861年に江戸に出発する皇女和宮がここへ参拝に立ち寄ったそうです。
1864年の池田屋騒動では、八坂神社前の道路を挟んだ反対側のあたりに新選組隊士が集合(祇園町会所)したとのこと。
2256171227
2259171227

八坂神社の界隈は、幕末の志士やそれを取り締まる新撰組が活動していた場所として知られています。
新撰組はよく祇園で遊んでいた?

八坂神社を訪れた後、祇園で美味しい料理とお酒を楽しんで生駒へ戻りました。
那須辰造著『ナポレオン』
那須辰造著
『ナポレオン』
(講談社)
8164816464

ヨーロッパの歴史を学んでみようと書店をウロウロしていて目に留まったのがこちらの児童書です。
手っ取り早く簡単に読めそうなので購入。
すいすい読めてナポレオンとその時代背景のイメージが沸きました。
児童書ってすばらしいですね。
これからも色々手に取ってみたくなりました。
以下は備忘記録。
関連する時代背景の出来事も追記しています。

*印はナポレオン関連

1768年
・ジェノヴァ共和国がコルシカ島をフランスに売却

1769年(0歳) 
*コルシカ島で誕生

1772年(3歳)
・プロシア・ロシア・オーストリア間で第一回ポーランド分割が始まる
・田沼意次が老中となる(重商主義的政策、株仲間の激励など)

1774年(5歳)
・ルイ16世がフランス王に即位
・杉田玄白・前野良沢らが「解体新書」を著す

1775年(6歳)
・アメリカ独立戦争始まる

1783年(14歳)
・イギリスがアメリカの独立を認める

1784年(15歳)
*パリの陸軍士官学校・砲兵科に入学

1787年(18歳)
・モーツアルトがチェコでオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を製作
・アメリカ合衆国憲法成立
・徳川家斉が江戸幕府第11代将軍となる
・松平定信が老中筆頭になり寛政の改革を行う

1789年(20歳)
・フランス革命が勃発
・ワシントンがアメリカ初代大統領に就任

1790年(21年)
・朱子学以外の学問を禁止する(寛政異学の禁)

1793年(24歳)
*敵艦隊への大砲作戦が成功、准将へ昇進し一躍フランス軍の英雄となる
・ルイ16世、マリー=アントワネットが死刑となる

1796年(27歳)
*ジョゼフィーヌと結婚
*第一次イタリア遠征でオーストリア軍に勝利してイタリア北部に広大な領土を獲得

1798年(29歳)
*イギリスとインドの交易路を遮断するためオスマン帝国領のエジプトに上陸、ピラミッドの戦いで勝利しカイロに入城、エジプト全土を占領した
*海上ではイギリス艦隊に破れ、フランス軍はエジプトに閉じ込められた(2年後に降伏)

1799年(30歳)
*オスマン帝国が支配するシリアに進軍し、ヤッファを占領
*続いてその北の町アッコを包囲するが、頑強な抵抗にあい撤退(アッコ攻囲戦)
・イタリアのボルタが電池を発明

1800年(31歳)
*第二次イタリア遠征(アルプス越え)でオーストリア軍に劇的勝利

1802年(33歳)
・十返舎一九が「東海道中膝栗毛」初編を著す

1804年(35歳)
*フランス民法典(ナポレオン法典)を公布
*フランス皇帝に即位、ノートルダム大聖堂で戴冠式を行う
・ベートーベンが交響曲第3番「英雄」を作曲する

1805年(36歳)
・イギリスはオーストリア・ロシアなどと第三次対仏大同盟を結成
*トラファルガーの海戦でイギリス海軍に完敗
*アウステルリッツの戦いでロシア・オーストリア連合軍を破る
 (同戦いの勝利を記念してパリの凱旋門は建てられた)

1806年(37歳)
*イエナの戦い、アウェルシュタットの戦いでプロイセン軍に大勝しベルリンを占領
*これにより神聖ローマ帝国は崩壊してオーストリア帝国となる
*イギリスへの対抗策として大陸封鎖令を出す
*ポーランドに侵攻し、プロイセン・ロシア連合軍を破る

1807年(38歳)
*フリートラントの戦いでロシア軍を破る
*この頃がナポレオンの絶頂期で、イギリスを除く全ヨーロッパを支配した

1808年(39歳)
*スペイン・ゲリラ連合軍にフランス軍のデュポン将軍が降伏(ナポレオン陸上で初の敗北)
*ゲーテと会う
・間宮林蔵が樺太を探検する

1809年(40歳)
・オーストリアがイギリスと第五次対仏大同盟を結成する
*アスペルン・エスリンクの戦いでオーストリア軍に敗れる
*皇后ジョゼフィーヌと離婚

1810年(41歳)
*オーストリア皇女・マリ・ルイーズと再婚

1812年(43歳)
*ロシア遠征を決行するが冬将軍にも阻まれ大敗を喫する

1813年(44歳)
*ドレスデンの戦いでは同盟軍に勝利するがクルムの戦いで包囲され降伏
*ライプツィヒの戦いで対仏同盟軍に包囲され大敗、フランスへ退却する

1814年(45歳)
*地中海のコルシカ島とイタリア本土の間にあるエルバ島の小領主として追放される
・ウィーン会議(シェーンブルン宮殿にて)、後継にはブルボン家が選ばれ(王政復古)ルイ18世が王位へ
・イギリスのスチブンソンが蒸気機関車を発明

1815年(45歳)
*エルバ島を脱出し復位、自由主義的な新憲法を発布するが、ワールテローの戦いで完敗(百日天下の終焉)
*セントヘレナ島に幽閉された

1818年(48歳)
・イギリス船が浦賀に来航

1819年(49歳)
・イギリスがシンガポールを占領

1821年(51歳)
*死去
・伊能忠敬による「大日本沿海輿地全図」が完成
・ペリー来航の32年前、明治維新の47年前