FC2ブログ
カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
台南へ
4か月ぶりに台湾へやってきました。
桃園空港から新幹線の桃園駅まで以前はバスを利用していましたが、電車が通じるようになったとのことで初体験。
9812fv

台南へ移動してホテルの近くで久しぶりのアジア飯を楽しみます。
ビールは店員さんの指示に従って近くのコンビニで調達。
9846fv

おそらく10年ぶりくらいに宿泊したエバーグリーンホテルからの眺め。
9895fv

二日目はこちらのお店で。
9886fv

麻辣鍋で一人乾杯。
9888fv

麻辣スープとこの『鴨血』の相性が抜群です。
9891fv

出国はなんとレアな台南空港から。
9896fv

夏になったらまた台湾へ戻ってくるかな?
カタルーニャの聖地モンセラットへ
プラハからバルセロナまではスペイン系LCCで
9645fv

カタルーニャの聖地モンセラットを訪れました。
9658fv
9666fv

12世紀に一人の羊飼いが洞窟で黒いマリア像を見つけてから、モンセラットは多くの巡礼者が訪れる聖地となりました。
1811年にナポレオン軍が侵略してきた際にも、このマリア像だけは土地の人の手によって隠され守られたそうです。この地はナポレオンによって破壊され、現在みられる建物のほとんどは19~20世紀に再建されたものとのこと。

こちらの教会堂にマリア像が祀られています。
9674fv
9671fv

モンセラットから下山してこの日の宿泊地であるサバデルへ
9696fv
9685fv

夕食は二軒をはしごしてみました。
9701fv
9710fv
9719fv
9712fv
9720fv

スペインの食は本当に美味しい。
ほろ酔い気分でホテルに帰りました。
フランクフルトへ
フランクフルトを散策してみました。

鉄道の中央駅周辺のホテルから旧市街を目指します。
9594fv

マインタワー
9599fv

華やかな通りで朝食をとります。中央駅からゆっくり歩いて約20分。
9622fv
9623
9625fv

旧市街へ。
こちらはマーレ―広場。切妻屋根の美しいこの建物の中で、中央のものは広場の名前にもなっているマーレ―と呼ばれています。
9606fv

その2階には、神聖ローマ帝国新皇帝の戴冠式後の祝宴が行われた皇帝の広間、カイザールがある、とのこと。
残念ながらこの日は見学出来なかったので次回のお楽しみです。
9610fv

マーレ―側から撮影。右側に建つのはニコライ教会。1290年に建てられたプロテスタントの教会です。
9604fv

マーレ―広場の近くには、神聖ローマ帝国皇帝の選挙、戴冠式が行われた教会があり、皇帝の大聖堂「カイザードーム」と呼ばれています。13~15世紀に建てられ、この高さ95mの塔が完成したのは1877年。
9611fv
9614fv

見事なパイプオルガン
9615fv

マイン川に架けられた橋の上からもカイザードームの塔を望む(写真の右側)出来ました。
9617fv

フランクフルト中央駅方面へ戻ります。

中央に見えているはドイツが誇る偉人ゲーテが1749年に洗礼を受けたカタリーナ教会。そして1790年にモーツアルトがオルガンを弾いたことで知られています。
9639fv

フランクフルト中央駅
9631fv

ホテル近くの中華料理屋さんで昼食を楽しみます。
台南に普通にありそうな食堂で、料理は無理に現地化した味付けにしておらず、とても美味しかった。
9632fv

羊の串焼きと白菜水餃子
9635fv

自家製の麺はもちもちでした。お店の人に「美味しい」と中国語で言ったら、すごい勢いで話しかけられてもちろん全くわからず。そんなに発音良かったのなか(笑)。
9634fv

フランクフルト、いい街でした。また訪れたいと思います。
Hoffmann Simon(ホフマン・ジーモン) シュペートブルグンダー
ワイナリー:Weingut Hoffmann Simon(ヴァイングート・ホフマン・ジーモン)
種類:Spatburgunder
年:2010
地域:ドイツ/モーゼル/ピースポート村
価格:15ユーロ
9570fv
9571fv

同ワイナリーの2000年リースニングを飲んで美味しかったので、ピノ・ノワールの9年落ちを買ってみました。
もともと高級ワインではありませんが深みと上品さがうまく混じりあっていて美味しかった。
モーゼルを旅する際には必ず訪問したいワイナリーです。
Leitz リースニング カビネット
ワイナリー:Leitz Weingut(ライツ)
種類:Riesling
年:2017
地域:ドイツ/ラインガウ
価格:24ユーロ
9568fv
9569fv

ドイツのリースニングらしい爽やかな香りがたまりません。
飲んだ後の余韻は普通なのですが、この香りにはこの価格を出す価値が十分にあります。
夏にも飲んでみたいな。