FC2ブログ
カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
川北稔著『砂糖の世界史』
川北稔著
『砂糖の世界史』
岩波書店
sns18021403

●概要
16世紀から19世紀にかけて、世界中の政治家や実業家が、砂糖の生産や流通ルートをどのように押えるか、という問題に知恵を絞った。
ブラジルやカリブ海の島々には、砂糖生産のために、プランテーションとよばれる大農園がつくられた。こうしたプランテーションには、ヨーロッパ諸国の資本、なかでもイギリスの資本がつぎ込まれ、数千万人のアフリカの黒人が、ここに連れて来られたうえ、奴隷として強制的に働かされていた。
ちなみに、やがて、アメリカ合衆国の南部では、綿花栽培のためのプランテーションで同様のことが行われた。
こんにち、アメリカ合衆国やカリブ海の島々に多くのアフリカ系の人々が住んでいるが、こうして砂糖や綿織物のような「世界商品」は、地球上の人間の配置をすら変えてしまった。
その間、世界の覇権はポルトガルからオランダ、そしてイギリスへと移っていった。

●ブラジル糖の時代=16世紀(強いポルトガル)
1493年、ポルトガルは、遅れて国土をイスラム教徒から取り戻したスペインとはかり、ローマ教皇を仲介者として、勝手に世界を二分することを決定。
これにより南北アメリカ(まだその地理はほとんどわかっていなかったが)などはスペインのもの、アフリカやアジアの大半はポルトガルのもの、ということにされた。
このとき決められた境界線は、「教皇境界線」とよばれているが、地球が球状であることがようやく認識されはじめたばかりの時代なので、それがアジア側ではどのあたりを通るのかもはっきりしていなかった。
ただ、翌年の1494年、早くもポルトガルがこれに異議を唱え、境界線が少しずらされて、中南米でもブラジルだけはポルトガル領ということになった。
のちにポルトガルが、大西洋をこえて行われた奴隷貿易の中心になったのは、このような事情による。
他方、スペイン人は、アフリカに拠点がなく、奴隷はポルトガル人やイギリス人、フランス人から買うしかなかった。
砂糖きびの生産は、地中海からアメリカに、中南米へとつぎつぎに移動していき、16世紀をつうじて、ブラジルがその中心となった。
労働力としての奴隷をアフリカで獲得できたポルトガルは、砂糖プランテーションをつくることが容易だったからである。

●カリブ海時代のはじまり=17世紀(強いオランダ)
17世紀に入ると、世界をまたにかけて活躍しはじめたオランダ人が媒介して、砂糖きびはイギリス領やフランス領のカリブ海の島々に移された。
本当の意味で砂糖が「世界商品」になっていったのは、このころから。
なぜオランダ人が媒介者になったのか。
こんにちのオランダ、ベルギー、ルクセンブルクにあたるネーデルランドは、もともとカトリックの強力なうしろ盾となっていたスペインの支配下にあったが、1581年に独立を宣言して、17世紀の初めには北部の7州(こんにちのオランダ)が事実上、独立に成功。
しかし南部の地域(こんにちのベルギー)は、独立に失敗し、カトリックのスペインの支配が続いた。このため、南部の町や港は急速に衰え、多くのプロテスタントの商人たちが北部のアムステルダムに逃亡し、アムステルダムがたちまち世界経済の中心になった。
アムステルダムを拠点にしたオランダ人は、世界の貿易ルートをおさえ、日本にもやってきた(長崎の出島に商館をもち、江戸時代を通じて日本と貿易した)。
オランダ人は北アメリカや香料の産地として知られていた、いまのインドネシアに進出。
とくにインドネシアでは、ジャワのバンタムに拠点をおき、香料や日本の金など、アジアの富をかき集めて、世界の商業権をおさえるようになったといわれる。
そういうわけで、ポルトガル領であったブラジルにおいてさえ、そこでの砂糖プランテーションの多くが、事実上は、資金の豊かなオランダ商人の手にわたっていた、ともいわれている。

●イギリスでの砂糖大量消費のはじまり=17世紀
砂糖が大量に使われるようになったのは紅茶やコーヒーの普及と関係がある。
1600年、イギリス東インド会社が設立され、同社がイギリスのアジアとの貿易や外交の権利を比と一手に握るようになった。
東インド会社が中国から茶を輸入して、イギリス人が紅茶に砂糖を入れるようになったことで、砂糖の大量消費(といっても上流階級のみ)が始まった。
イギリスで茶の広告が最初に出されたのは1658年。
紅茶に砂糖が入れられるようになったのはこの頃。
17世紀の中ごろのイギリスではピューリタンとよばれた人々が革命を起こし、政権を握った(ピューリタン革命)。
その革命を逃れてフランスに亡命していた前国王の息子チャールズが、1660年に帰国し国王チャールズ二世となった(王政復古)。
彼の妻となったキャサリンはポルトガル王室の出身で、お茶を飲む習慣を彼女がイギリス王室にもちこんだと言われている。
なので、イギリスではお茶を飲むことは、王室で行われている「上品な」習慣ということになり、貴族階級に広まっていった。
茶と砂糖という二つのステイタス・シンボルを重ねることで、砂糖入り紅茶は「非の打ちどころがない」ステイタス・シンボルとなった。

●イギリスで起きた商業革命=18世紀
17世紀前半のイギリス東インド会社は、強力なオランダ東インド会社にまだ対抗できず。
これが一変するのが17世紀中ごろ。
オリバー・クロムウェル(1599~1658)はイギリス東インド会社の組織を世界で最初の株式会社といわれるものにした。
クロムウェルは、世界の貿易を握っていたオランダ人商人を排除するために、航海法という法律を作り、これは補充されたり改正されたりしながら、19世紀中ごろまでイギリスの対外経済政策の基本として維持されていく。
17世紀後半にジャマイカ(クロムウェルが占領させた)で砂糖きびが大量生産されるようになり(世界最大の砂糖生産地となった)、イギリスの砂糖輸入量は飛躍的に伸びた。
1660年代には、砂糖はイギリスの輸入量全体の一割近くを占めるようになり、1700年ごろまでには、さらに倍増し、1770年ごろまでには、さらに4倍に増えた。
砂糖に限らず、17世紀以降、それまでほとんど増えていなかった貿易の総量は、半世紀で3倍ほどに増え、さらに18世紀はじめの60~70年間にも、また数倍に増えた。
その上、トルコの他はヨーロッパ諸国に限られていた貿易相手が、いっきょに変化し、18世紀半ばには、アジアやアメリカやアフリカとの取引が、ヨーロッパのそれに匹敵するほどになっていた。
取引きされる商品も、これまで毛織物の輸出に限られていたのが、綿織物などを含む雑多な製品、穀物、植民地物産の輸出などを柱とするほどになった。
もっとも変化したのは輸入品のうちわけだった。
砂糖、北アメリカのタバコ、インドからの綿織物、生糸や絹織物、中国からの茶など、アジアやカリブ海を含むアメリカからの輸入品が激増。
イギリスは貿易のうえでは、ヨーロッパの中にどっぷり浸かっていたのが、むしろヨーロッパ外世界に築いた植民地帝国のうえに立つ国になったのである。
歴史家はこれを商業革命と呼んでいる

●三角貿易――ヨーロッパとアフリカとカリブ海
たとえば、イギリスのリヴァプールを出発した奴隷貿易船は、アフリカの黒人王国が求める鉄砲やガラス玉、綿織物などをもっていき、それらを西アフリカで奴隷と交換した。
ついで、獲得した奴隷を輸送し、南北アメリカやカリブ海域で売り、砂糖(や綿花)を獲得して、母港リヴァプールに帰った。
この間、約2ヶ月。
この奴隷貿易を中心とする三角貿易によって、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカの三大陸は、はじめて本格的に結ばれたのである。
アフリカに対しては悲惨な影響を及ぼした。
働き盛りの青年を中心に多数の人々が連れ去られたアフリカ社会は、発展の力を削がれてしまった。

●イギリス帝国の完成(1763年)
18世紀の中ごろ、イギリスはつぎつぎにフランスへ戦争をしかけ、植民地を増やしていった。
最も大きかった戦争の一つであった七年戦争(1756~1763)でイギリスが勝利して、北アメリカとインドにおけるイギリスの優位を決定的にしたといわれ、英仏両国間で結ばれたパリ条約(1763)はイギリス帝国を完成させた、といわれている。
なお、戦争の主な目的は、南北アメリカとインドにおける植民地の確保であったが、スペイン領の南アメリカ植民地に奴隷を供給する権利をめぐる争いも、重要な意味を持っていた。
スペインは、南アメリカに広い領地をもっており、労働力さえあれば、砂糖をつくれたはずなのに、アフリカに拠点がないため、自前でアフリカ人奴隷を確保することはできなかった。
そのためスペイン政府は、奴隷を買い付ける契約を外国と結ぶこととしたわけだが、奴隷貿易を行っていたイギリス、フランス、オランダ、ポルトガルなどの諸国は、なんとかこの契約を取ろうと必死になっていた。
18世紀のヨーロッパにしばしば戦争が起こった一つの理由がここにあった。
18世紀はじめに起こったスペイン王位継承戦争、ついで勃発したオーストリア王位継承戦争、18世紀中ごろの七年戦争など、いずれもこのことに関係していたのである。

●イギリス帝国の完成(1763年)後のアメリカ独立運動
戦争の連続で財政的に厳しかったイギリスは、アメリカ植民地での同戦争で「植民地の(フランスからの)防衛のためだったのだからその費用は植民地の人々が負担すべきだ」と一方的に課税することを決定。
これに民衆の不満が爆発して、イギリスからの輸入をボイコットする運動を展開した。
1773年には、茶を積んでボストン港に入った三隻のイギリス船に、先住民に扮装した「自由の息子たち」と名乗る集団がひそかに潜入し、積み荷の茶を海中に捨ててしまった、という「ボストン・ティー・パーティー事件」が発生。
これが植民地の人々の反イギリス感情をさらにかきたて、アメリカ独立運動の決定的なきっかけになったといわれている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック