FC2ブログ
カリフォルニアワインを中心にして長いことお酒を楽しんできました。これからはヨーロッパのワインやお酒を楽しむことに軸足を移していこうと考えています。
Argyle ピノ・ノワール
ワイナリー:Argyle
種類:Pinot Noir
年:2006
地域:アメリカ/オレゴン/Willamette Valley
価格:25ドル
再購入:する

p80112

 ウェブサイトより同ワイナリーの評価を引用します。
「高品質ピノノワールとシャルドネが産出されるオレゴンの中でも、ワインスペクテイター誌から非常に高く評価され、数多くの賞賛を浴び続ける造り手がアーガイル」
「オレゴンワイン・トップの一つとして、『オレゴン・プレミアム・ワイナリー』に選定。 最推奨ワインに対する称号『ハイリーレコメンテッド』を6度獲得。世界中のワイン一万数千本の中から、毎年100本のみ選ばれる『年間トップ100』へ2度のランクイン」
「ブルゴーニュ系品種栽培最適地の一つ、米西海岸オレゴン州ウィラメットヴァレー。その場でワールドクラスのワインを目論み、1987年よりワイン生産を続けるアーガイル。アーガイルは3つの有名な畑で、ピノノワールとシャルドネを主体としたブドウを栽培しています。ストーラー、ニュードスン、ローンの各ヴィンヤードは、「どの畑のブドウを使うか」が最も重要な要素であるオレゴン州のワイン産業において、それぞれが筆頭級の単一畑として認知されています。ウィラメットヴァレーの中でも、最も有望なピノが生まれるエリア、「ダンディの丘」や「エオラ・ヒルズ」に位置する畑からは、この地に初めて持ち込まれたピノのクローンと共に、最も高貴なワインを産出し続けるディジョン系クローンのセレクションも積極的に行われ、オレゴンの中でも最高と言えるワイン誕生の可能性を秘めていると言われています。ポテンシャルの高いオレゴンワイン産業は、カリフォルニア同様新たなスターが続々と誕生していますが、アーガイルは、比較的古くから定評のある造り手として知られています」

 とても上品で洗練された香りと味わいに感動した一本です。今のところ同価格帯では3本の指に入るかな。

www.argylewinery.com
コメント
この記事へのコメント
ふくママさん
コメント頂きありがとうございます。
ラブラドールの成長日記を楽しく拝見させて頂いております。
ちょっと気の強いファミさんがいつかまた登場する日が楽しみです。
私のブログにはあまり娘(ホワイトテリア)は出ませんが、機会をみて紹介したいと思います。
2009/04/29(水) 06:03:48 | URL | 西院梅太郎 #-[ 編集]
三度目の正直???
三度、登場???のはずなんですが・・・

ワインお好きなんですね
本も結構、読んではるみたいで・・・
うちの本棚には、ワンコに関する、
おもにラブラドールに関する本が増えてます。
ちなみに我が家では、缶ビール1本冷蔵庫に入ってるとしたら、
いつの間にやら賞味期限が過ぎている・・・てな具合です
うちの夫婦は、お酒もゴルフも嗜みません・・・恐縮です

ご挨拶遅れましたが・・・
度々のご訪問ありがとうございます
【一度、fc2ブログの着信メールを見てください・・・
迷惑メールかな?  
すいません生意気にこんな事申しまして】
2009/04/28(火) 15:22:44 | URL | ふくママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック