2年半楽しんだ広島から関西へ。こちらでも同じくらい過ごした頃、どちらのお好み焼きが美味しいか結論を出したいと思います。
百春(ひゃくしゅん) 特別純米酒直汲 生原酒無濾過
酒名:百春(ひゃくしゅん) 特別純米酒直汲・生原酒無濾過
酒蔵:株式会社小坂酒造場
原料:ひだほまれ
精米歩合:60%
地域:岐阜県美濃市
種類:特別純米酒直汲、生原酒無濾過
価格:1,500円(720ml)
18951895953

淀屋橋の隠れ家『豊夢(ホーム)』で焼酎から日本酒に切り替えて最初のお酒(写真左側)。

自分は日本酒のことを全然わからないので
「これは美味しい、これはまあまあ好き」
などと言うくらいなのですが、このお酒は本当に美味しかった。

すっきりしていて、あまり酒々していないのが好みなのかな。
なので、玄人好みと言われる黄色がかった『山廃仕込み』というのはクセがあってちょっと苦手。
濁り酒も敬遠しがち。甘酒は正直なところ好きじゃないです。
ベタですが大吟醸は美味しいなあ、と思います。
職場の日本酒うんちくおじさんは
「大吟醸は奇麗すぎて酒の良さがそぎ落とされてるんでね。純米酒くらいがちょうどいい」
と言っています。

さて、『百春(ひゃくしゅん) 特別純米酒直汲 生原酒無濾過』はというと、自分好みですっきりとしているのですが、うま味も十分で(とろ~っとしているんです!)、それ以外はよく表現できませんが、とにかく幸せを感じてしまいました。
これは『豊夢(ホーム)』へ連れてきてくれた広島出身の先輩との出会いがなければ、、、というところですね。

ところでネットで調べたら、価格帯は720mlボトルで1,500円くらい。
お店のマスターがこだわって収集しているんでしょう。
自分の感覚ではこの倍はくだらない価値あり、です。

お酒って楽しいなあ。

さあ、二本目にいきましょう~。
甘露【35度】(かんろ)
名称:甘露【35度】(かんろ)
酒蔵:高崎酒造
原料:さつまいも、米麹
アルコール度数:35度
地域:鹿児島県西之表種子島
種類:芋焼酎
価格:2,500円(1,800ml)
189218929201

淀屋橋の隠れ家『豊夢(ホーム)』で楽しんだ二本目の焼酎。
こちらもマスターが選んでくれました。
「イモイモしいのがいいの?それともすっきりしたほう?」
「イモイモしいのでお願いします」

ストレートで頂きます。
まろやか、まろやか、まろやか。
アルコール35度とは思えないほど、口の中で丸みを帯びてくる芋焼酎です。
今まで飲んだ芋焼酎で一番好きかな。
思えば種子島の焼酎を飲むのは初めて。
焼酎の楽しさにハマってしまいますね。

さて、この後は日本酒に移行します。
好太郎・昇龍(27年熟成古酒)
アメリカで夫婦ともどもお世話になっていた先輩と、淀屋橋にある先輩の隠れ家だという『豊夢(ホーム)』というお店で10年ぶりに再会しました。
お互いに年を取りましたね、と言いながら昔話に花が咲きます。

先輩はお酒好きの友人を連れてくると、まず焼酎を飲んでもらうんだそうです。
「俺、本来は焼酎あまり好きじゃないんだけどね」
という先輩が言うんだから期待が膨らみます。
マスターにどんなのがいいか言うと、いろいろ考えて選んでくれるとのこと。

そして選んでくれたのが沖永良部島の黒糖焼酎というこちら。
マスター曰く
「色々あるけど黒糖焼酎の中で俺はこれが一番美味いと思うわ。」
18891889893652
名称:好太郎・昇龍(27年熟成古酒)
酒蔵:原田酒造(株)
原料:黒糖・米麹(常圧蒸留)
アルコール度数:38度
地域:沖永良部島
種類:黒糖焼酎原酒
価格:5,400円(720ml)

ストレートで頂きます。
こんなにまろやかな焼酎があるのか、とびっくり。
自分は今まで焼酎のことを誤解していたのかもしれません。
「日本酒とワインはお酒自体の味を楽しみながら飲むけど、ビールと焼酎はそういうんじゃないから」
と、、、
好太郎・昇龍は明らかに自分の想像をはるかに超えた味わいでした。
ショットを少しづつ飲んでいく間の幸せな感覚が忘れられません。

焼酎をあまり飲まない先輩がおすすめしてくれたのがよくわかりました。
さて、次は芋焼酎を飲んでみようか。
エイシェントエイジ 10スター
名称:エイシェントエイジ 10スター
蒸留所:バッファロートレース蒸留所
種類:バーボン
地域:アメリカ/ケンタッキー
主原料:モルト、グレーン
アルコール度数:45度
年:6年
価格:1,600円(750ml)
108108108108

エイシェントエイジの無印版や8年は日本の流通にも入ってきているが、10スターは通常ルートには入っておらず、なかなかレアなんだとか。
味は、ああバーボンだな、ということくらいしか覚えていない(結構飲んでいました)のですが、ということは、満足したのだと言えそうです。
グレンフィデック12年
名称:グレンフィデック12年
蒸留所:グレンフィデック蒸留所
種類:スコッチ
地域:スコットランド/ハイランド/スペイサイド
主原料:モルト
アルコール度数:40度
価格:3,500円(750ml)
108554108108

「伝統的な製造工程で12年以上熟成させたモルト原酒のみでつくられています。ロビー・デューの泉の恵まれた水質、スペイサイドの大地で厳選された原材料の大麦、ハイランド地域の新鮮な空気と小型蒸溜釜でつくられた素晴らしい味わいのモルトです。(サントリーのホームページより)」

世界で一番売れているシングルモルトウィスキーがグレンフィデック、また世界で最初のシングルモルトウイスキーもグレンフィディックとのこと。
スコッチの代表格なんですね。
自分はウィスキー初心者なのでグレンフィデックとメーカーズマーク(バーボン)を同時に開けて、味の違いを感じながら楽しみました。